韓国一人旅 (番外:ソウルの安宿)

韓国一人旅の番外編としてソウルで宿泊した安宿について記載します。
なんで安宿について記載するかと思いでしょうが、そこは我慢して下さい。
こういう旅をしている人がけっこういますから。私は個人旅行の場合は基本的に安宿です。

ホテル名称はSAE WHA HOSTEL(セファホステル)で計20室のこじんまりとしたホテルです。
場所は地下鉄の鍾路3街駅から徒歩で4~5分。
料金はバス・トイレ付きのシングル部屋で1泊3,000円代の後半です。
楽天トラベルで予約しました。
★アベノミクスのせいで超円安。私にとっては安宿の範疇を超えています。
 まったく腹が立つ。アベノミクスはアベヘノニクシミとなるのです。

*実は2009年1月に、利用したことがあります。
 その時は、1泊2,000円未満でした。
 今回は宿の値段が上がっていたこともあるが、円安のせいで約2倍になった。
 (この時の両替は1万円で149,610W。
  今回の両替は南大門の近くで行ったが1万円で93,200W。日本円の価値が約38%低下している。
  逆算すれば、約1.61倍の日本円が必要となります.。

  
  今回、金浦空港の銀行で、もし両替えしたら1万円で89,000W。
  これなら40.5%低下。逆算で約1.68倍の日本円が必要となる。
   
  今回、手持ちがあったので南大門で1万円だけ両替しましたが、おかげで食堂のビール代金4,000Wを
  ゲットする事が出来ました)


風呂、トイレが共同なら1泊2,000円未満は沢山あるけど、部屋に風呂とトイレが無いのは絶対に譲れないです。


部屋はベッド部屋とオンドル部屋(韓国式)があり、値段の安いオンドル部屋を予約しました。

画像
                              ホテルの外観

部屋の様子の写真。
部屋の大きさは4畳半くらい(もう少し狭いかも)。
奥に布団、左に小さなテーブル&テレビ等、手前に冷蔵庫と靴入れとドア。
画像
                                布団

画像
                           小さなテーブルとテレビ等

画像
                               冷蔵庫と靴入れ

画像
                           冷蔵庫の上にハンガー掛け


別なドアを開けると、正面にトイレ、その左に洗面台、さらに左に風呂があります。
画像
                               トイレと洗面台

画像
                                 風呂
何故か椅子があります。日本式で入る事も可能です。←私は、椅子を利用しませんでした。

設備は古いですが、清潔です。鍵はチェック・アウトまで返却しませんが(自分で保管)、毎日掃除をしてくれます。
床暖房が効いていて温かいです。エアコンがありましたが利用しませんでした。
TVはNHK WORLD PREMIUMが映ります(NHK-Gとほぼ同じ番組です)。
各部屋でwi-fi利用可。
冷蔵庫、ドライヤー、扇風機が有り。

ホテルには、PCが2台ありましてインターネットが無料で使用出来ます。私はメールのチェックで利用しました。
お粥(若干のおかず有)、トースト、シリアル、コーヒー(レギュラー、インスタント)、オレンジ・ジュース、牛乳、味噌汁は無料となっています。

14時から23時(?)まで受付に若い韓国人の女性がいます。日本人と間違うくらい日本語が上手です、そして美人です。笑顔も素敵。写真を撮るべきであった。

23時から朝9時まで、安宿の入り口ドアはオートロックです。
出入りする時は、出るときはボタンを押す。入る時は鍵と共にくれるカードで行います。
なお、禁煙です。←喫煙者は辛いのぅ。


金浦空港から地下鉄で乗り換えなしで来れる。高速バス・ターミナル(セントラル・シティ)にも地下鉄で乗り換えないで行けます。何処に行くにも便利な場所にあります。
近くにスーパーやコンビニがあります。
また、食堂が多数。ただし、ハングル文字だけの店が大多数です。

ここに3泊しましたが何ら不自由は感じず、私は快適に過ごしました。

"韓国一人旅 (番外:ソウルの安宿)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント