鹿児島県 一人旅 2日目その1 「桜島」溶岩なぎさ公園足場、溶岩なぎさ遊歩道、モニュメント「叫びの肖像」、湯之平展望所など (@鹿児島市桜島)

●2日目(2019年8月26日)その1
本日も鹿児島市内観光です。なお、午前中は桜島観光です。

6時50分に目が覚めたので起床(目覚まし時計は7時0分にセット)
近くに朝食食べる所がないのでコンビニに行ってサンドイッチとコーヒーを購入してビジネスホテルの部屋で食べる。←別途記載。
(ちょっと前までは"松屋”があったが再開発で無くなった。昨日の夕方にフロントに居た方はこの近辺についてあまり詳しくないようです。)

桜島へのフェリーの時間は調べていなかったが早めに出発することにした。桜島の始発バス出発時間は9時30分。早く着いたら途中まで徒歩観光する予定。
なお、天気は本日も雨です。
8時12分、ビジネスホテル出発。
市電で移動:天文館通→水族館口。
IMG_1123.JPG
桜島フェリーターミナル

フェリー乗り場に8時32分に到着。喫煙室でタバコを吸う。
IMG_1125.JPG
8時45分のフェリーに乗り約15分で桜島に到着。サクラジマ アイランドビュー・バスの始発は9時30分なので徒歩観光します。

桜島は鹿児島のシンボルである活火山。

「桜島」溶岩なぎさ公園足湯
IMG_1126.JPG
IMG_1127.JPG
IMG_1128.JPG
源泉かけ流しの天然温泉が堪能出来る。全長約100mは長いですね。
雨が降っているので東屋の所で足湯にするか悩んで結局パスしました。

溶岩なぎさ遊歩道
IMG_1129.JPG
烏島展望所までの約3kmに渡って続く遊歩道。日本の遊歩道百選にも選ばれている。
こんな感じの遊歩道です。↓
IMG_1130.JPG

途中には桜島を詠んだ有名俳人の句碑が並んでいます。(その一例)↓
IMG_1131.JPG
IMG_1132.JPG

溶岩の塊が散在するダイナミックな遊歩道でした。途中に公衆トイレあり。
なお、雨が降っている時は無謀だと思いました。それは雨水が溜まって道が無い所が数か所ありました。長い所で約3m位です。


烏島展望所
100年以上前は島だった場所。
錦江湾に浮かんでいた烏島は大正3年(1914)の桜島の大噴火による溶岩流のため、完全に埋没。
現在は展望所となっている。
IMG_1137.JPG
IMG_1135.JPG
展望所から見る鹿児島市街地


展望所に、こんな看板が↓
IMG_1134.JPG
でも砲台跡と思われものはなかった。

さらに、こんな石碑が↓
IMG_1136.JPG大正大噴火を解説した記念碑と思われます。


赤水展望広場
2004年の長渕剛オールナイトコンサートの会場跡地に作られた緑地広場。
モニュメントと展望所があります。

モニュメント「叫びの肖像」
IMG_1140.JPG
IMG_1139.JPG
IMG_1141.JPG
高さ3.4m。38.2トンの溶岩を使って作られた。

赤水展望所
IMG_1142.JPG
IMG_1143.JPG
展望所から見る鹿児島市街地

サクラジマ アイランドビュー・バスで移動:赤水展望広場→湯之平展望所

湯之平展望所
北岳の4合目、海抜373m。
入山可能な場所で最も高い所にある展望所で絶好のビューポイント。
IMG_1146.JPG
IMG_1147.JPG

IMG_1144.JPG
展望所から見る桜島(北岳)


IMG_1145.JPG
展望所から見る鹿児島市街地
雨が降っているので綺麗な風景が見れなかった。残念じゃ。

サクラジマ アイランドビューで移動:湯之平展望所→桜島港(終点)
食事のためサクラジマ アイランドビュー・バスで移動:桜島港(始点)→火の鳥めぐみ館。

バスに乗っている時間(距離はほんの少し)。ここで昼食←別途記載。
徒歩で桜島港のフェリー乗り場へ、12時19分に到着。
IMG_1151.JPG
IMG_1152.JPG
乗船するフェリー
鹿児島市街地に到着しました。

その2に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月11日 13:11
本当にお天気が残念でしたね
晴れていたら綺麗な風景が見れたと思います
足湯もあるんですね
masa-taka
2019年09月11日 15:51
とまるさんへ
桜島では、ずっと雨でした。天気が良ければ綺麗な景色が見れたと思います。残念です。
長さ100mの足湯があります。晴れだったらここでのんびりしようと思っていましたが雨だったのでパスしました。