ラグビー観戦しました(1月14日)

2018年1月14日(日)東京・秩父宮ラグビー場にてトップ・リーグ総合順位決定トーナメント2回戦を観戦しました。

第1試合 総合順位7位決定戦 NEC vs リコー
画像
ホワイト・カンファレンス4位とレッド・カンファレンス3位との対戦で負けたNEC。
ホワイト・カンファレンス3位とレッド・カンファレンス4位との対戦で負けたリコー。
NECとリコーのリーグ戦ではリコーが勝っている、NECの雪辱なるか。

画像
                           試合開始前のNECの円陣

画像
                           試合開始前のリコーの円陣

試合風景↓
画像
                              NEC(右)の攻撃


画像
                              リコー(左)の攻撃

(リコー・ボールのスクラム写真があるが、NEC・ボールのスクラム写真がない。公平を期すため写真は掲載しません)

前半の得点経過。
8分、NECがPGを決める3-0。
13分、リコーがPGを決める3-3。
18分、リコーが敵陣ゴール前約23mのラインアウトからパス→パス→パスでトライ。ゴールも決まり3-10。
25分、リコーが敵陣ゴール前約23mのラインアウトからモール攻撃。モールから離れた選手がそのままトライ。ゴールも決まり3-17。
32分、NECが敵陣ゴール前約10mのラインアウトからモール攻撃でトライ。ゴールも決まり10-17。
34分、リコーのキックオフ。NECが自陣から攻めて敵陣に約10m位入った所でキック、そんぽ選手がゴール前約22mの所で更にキック、その選手がインゴールでボ^-ルを押さえてノーホイッスル・トライ。ゴールも決まり17-17。
37分頃、リコーのキックオフ。NECが自陣から攻めてハーフウェイライン近辺でキック。リコーがノックオン、NECがそのボールを確保してそのままノーホイッスル・トライ。
しかしレフェリーがTMO判定。NECがキックした時に前にNECの選手がいたためオフサイドの反則でトライとはならず。
40分、リコーがPGを決める17-20。(PGを蹴ったあとにホーンが鳴った)
画像
前半終了。20-17でリコーがリード。

後半の得点経過。
10分、NECがPGを決める20-20。
16分、リコーが敵陣ゴール前5mのラインアウトからインゴールに入るがグランディング出来ず。
17分、リコーが敵陣ゴール前5mのスクラムからNO.8の選手がそのままトライ。ゴールも決まり20-27。
26分、リコーが敵陣に約5m位入ったラインアウトから攻撃を続けてトライ。ゴールは失敗で20-32。
29分、リコーが自陣に約13m入ったスクラムからパス1回だけでトライ。ゴールも決まり20-39。
32分、リコーがハーフウェイ近辺のスクラムからパス数回でトライ。ゴールは失敗で20-44。
ラスト1プレイのホーンが鳴った時はNECが敵陣に約7m入った所でボールを確保。その後もNECが攻めるがノックオン、リコーがそのボールを外に蹴って終了。
画像
試合終了。44-20でリコーが勝利。
勝ったリコーは総合順位7位、負けたNECは総合順位8位となりました。

 --------------------------------------------
第2試合 総合順位5位決定戦 東芝 vs 神戸製鋼
画像
ホワイト・カンファレンス4位とレッド・カンファレンス3位との対戦で勝った東芝。
ホワイト・カンファレンス3位とレッド・カンファレンス4位との対戦で勝った神戸製鋼。
東芝と神戸製鋼のリーグ戦では神戸製鋼が勝っている、東芝の雪辱なるか。

画像
                           試合開始前の東芝の円陣


画像
                          試合開始前の神戸製鋼の円陣

(両チーム共1stジャージは赤。ホーム扱いの東芝が1st、アウェイ扱いの神戸製鋼が2ndジャージになったようです)

試合風景↓
画像
                         神戸製鋼(右)ボールのラインアウト

画像
                          東芝(左)ボールのラインアウト

画像
                              東芝(左)の攻撃

画像
                             神戸製鋼(右)の攻撃

前半の得点経過。
13分、東芝が自陣ゴール前約20mのスクラムから攻めるが自陣に約15m位入った所でターンーオーバーされる。神戸製鋼が攻め続けてトライ。ゴールは失敗で0-5。
25分、東芝が自陣に約2m入った所からのラインアウト。パスミスがありボールが転がる。神戸製鋼が確保。その後、神戸製鋼がキック、神戸製鋼の別な選手がインゴールでボールを押さえてトライ。ゴールも決まり0-12。(TMO判定あり。キック時にオフサイドがあったか否か)
32分、東芝がキック。神戸製鋼が自陣に15m位入った所から攻撃を続けてトライ。ゴールも決まり0-19。
37分、神戸製鋼がPGを決める0-22。
神戸製鋼はハーフウェイライン近辺からキック。ここでラスト1ワンプレイのホーンがなる、ボールが外に出たので終了。
画像
前半終了。22-0で神戸製鋼がリード。

後半の得点経過。
18分、神戸製鋼が自陣に8m位入った所からのスクラム。最初のラックからパス→パスで中央トライ。ゴールも決まり0-29。
30分、東芝がハーフウェイライン近辺でパス。神戸製鋼がインターセプトして、そのままトライ。ゴールは失敗で0-34。
33分、東芝のキックオフ、東芝がボールを確保。攻撃を続けノーホイッスルでのトライ。ゴールも決まり7-34。
34分、神戸製鋼のキックオフ。東芝が自陣ゴール前22m近辺でノックオン。神戸製鋼がそのボールを確保して、そのままトライ。ゴールも決まり7-41。
38分、東芝が敵陣ゴール前18m近辺のラインアウトから攻撃を続けてトライ。ゴールは失敗で12-41。
ラスト1プレイのホーンが鳴った時は東芝が自陣で攻撃中。約1分半位は東芝が自陣であった、その後も攻め続けてトライ。ゴールは失敗で17-41。
画像
試合終了。41-17で神戸製鋼が勝利。
勝った神戸製鋼は総合順位5位、負けた東芝は総合順位6位となりました。

8月のナイターでの試合から始まったトップリーグは1月14日で全試合終了。
優勝:サントリー
2位:パナソニック
3位:ヤマハ発動機
4位:トヨタ自動車
5位:神戸製鋼
6位:東芝
7位:リコー
8位:NEC
9位:NTTコミュニケーションズ
10位:豊田自動織機
11位:キヤノン
12位:クボタ
13位:サニックス
14位:コカ・コーラ
15位:NTTドコモ
16位:近鉄

なお、サニックス、コカ・コーラ、NTTドコモは下部リーグであるトップチャレンジリーグとの入れ替え戦へ。
近鉄はトップチャレンジリーグへ自動降格。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2018年01月15日 23:32
1月はお出掛けが多いですね
今度はラグビーですね
サントリーが優勝でしたか
結構、色んなチームがあるんですね

私も水曜日が雨で仕事がお休みになったら、ちょこっと出掛けてこようかと思っています
1月は休みが多いですから、わざわざ休むと更にお給料が減っちゃいますから(笑)
2018年01月16日 08:43
とまるさんへ
1月は歌舞伎など3公演を観たのでお出かけが多いです。20日はバレーボール観戦です。
ラクビーはトップリーグで16チーム、下部リーグのトップチャレンジリーグで8チーム、更に下部リーグでトップイーストDiv1、トップウエストA、トップキュウシュウA。更に下部リーグが続きます。

ラグビー観戦後に歌舞伎座に行って2月の公演チケットを購入してきました。

休むと給料が減るのは辛いですね。