イタリア旅行 3日目その1 ポンペイ遺跡その1(@ポンペイ)

●3日目(2017年3月3日)その1
本日の予定はナポリからポンペイに移動してポンペイ遺跡の観光、その後アルベロベッロに移動して宿泊。
その1はポンペイ遺跡の途中までを記載します。

朝4時55分に目が覚める。モーニングコールは7時ですが起きました。
エレベータが1基しかないので7時のモーニング・コール後にスーツケース持ってロビーに行くと、同じツアーのスーツケースが15個ほどあってビックリ。皆さん、モーニング・コールは無視してスーツケースを持って来たとの事。
7時30分より朝食。←別途記載。

8時30分、ホテルを出発して、9時40分にポンペイ遺跡の前にあるホテル・ヴィットリアに到着。
ここでトイレ休憩。本日のガイドさんが来るのを待つ、日本人女性でした。
10時0分、歩いてポンペイ遺跡へ。
ポンペイ遺跡(世界遺産)
ポンペイは、イタリア・ナポリ近郊にあった古代都市。79年8月24日のヴェスヴィオ火山噴火による火砕流によって地中に埋もれたことで知られている。

ローマ人の余暇地として繁栄したポンペイの都市は面積約60万㎡で最盛期の人口は約2万人といわれる。約2,000名が大噴火で亡くなったとの事。
18世紀に発掘が開始され、現在は主要な部分が有料で一般公開されている。
(発掘は4/5ほどが終わっている)

画像
                             ポンペイ遺跡配置図
(何処に何があるか良く分かりません)

外から見るポンペイ遺跡↓
画像
城壁の様な物があります。また、高台にあるのがわかりますね。

で、こんなのが有りました。↓
画像

画像
ポンペイ遺跡とは全く関係ないものです。
2017年5月松まで、ポーランドの彫刻家イゴール・ミトライの作品が遺跡の中に展示されているとの事。
(色んな所にあるため、はっきり言ってはた迷惑である)

同じく、外から見るポンペイ遺跡↓。
画像


中に入ります。
クアトロ フォロ
四角い広場
画像
左にあるのがオデオン座(小劇場)、奥に見えるのが大劇場、右にあるのが剣闘士の宿舎

画像
                       オデオン座(小劇場):音楽堂で1,000名位収容

画像
                            剣闘士の宿舎(列柱の奥)

大劇場
今でもオペラやバレエなどが開催される約5,000名収容の劇場
画像
画像

画像


三角 フォロ
三角形の広場
画像

画像

画像


こんな所を通って次に向います。
画像

画像
                          中央が馬車道 両脇が歩道

で、本来は行かない所に行きます(ガイドさんがある所に待ち行列がないので行くことになった)
ルパナーレ(雌狼の家)
公認の売春宿。
画像
2階建てですが、1階のみ公開されています。
部屋数は一階に5部屋とトイレ、2階にも5部屋。
部屋は石つくりのベッド。 部屋というか通路の上部分にエロティックが絵が描かれています。
料金はワイン2杯分だったそうです。
因みに女性最古の職業が売春だそうです。
画像
                                石つくりのベッド

画像
                           石のベッド (ピンボクじゃ)

エロティックな絵をご覧ください。(ピンボケもあります)
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

*夏の時期だと入場待ちが約1時間だそうです。

元に戻ってポンペイのメイン・ストリートであるアッポンダンツァ通りを歩きます。
ローマ時代の水道管
地表にむき出しになった鉛の水道管。
画像


アッポンダンツァ通り
ポンペイのメイン・ストリート。
画像
                              (振り返った写真)
で、皆さん何やら熱心に見ています。
それは↓
画像
男性のシンボル。この方角に先ほどのルパナーレ(雌狼の家)があります。

横断歩道
ポンペイで有名なのが横断歩道の存在です。今いる道路は馬車用で、歩行者はこの飛び石を渡って馬車道の両側に付いている歩道を歩いていました。
と同時に、この飛び石は馬車のスピードを抑制する働きもありました。
画像


フォロ(公共広場)
ポンペイ遺跡の中心。
フェロ(公共広場)は、ポンペイに限らず古代ローマの街には必ずあった多目的広場で、紀元前2~1世紀に主に商業活動に用いられました。
画像
左にアポロ神殿、奥にジュピター神殿、その右隣に市場、背後にヴェスヴィオ火山。写真には写っていないが左手前に裁判所、右手前にヴェスパッシアーノ神殿がある。
(例の作品があり、はた迷惑である)

今いる所から振り返った写真↓
画像
この建物は何だか分かりません。

マリナー通り↓(ポンペイの観光はこの先にあるマリーナ門から入場しマリーナ通りを通ってフォロに来るのが基本ルート。今回のツアーでは違う所から入場しました)
画像


ヴェスパッシアーノ神殿
画像


アポロ神殿
ゼウス神殿とも言われる。
補修工事中でした。
画像


裁判所(パシリカ)
画像



その2に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年03月18日 05:21
大好物の世界遺産に彫刻家の作品の展示があったんですね
無い方が嬉しいかな(笑)
でも。。。彫刻家の作品が超有名になったらラッキーですよ

見ない予定の所を見れて良かったですね
ポンペイ遺跡は広そうですね
2017年03月18日 09:01
とまるさんへ
彫刻家の作品は邪魔でした。ついでに見たのも何かの縁かも。

ポンペイ遺跡は60万㎡あるので広いです。
ガイドツアーは2Hコース、半日コース、!日コースがあります。
個人で見る方法がありますが何が何だか分からない事が多いようです。←しっかりしたガイドブックや説明書がない。
見ない予定が見れて良かったです。夏なら半日コースでした。
なお、見ない予定の所は地球の歩き方には記載されていません。
(地球の歩き方では遺跡の一部のみ記載されています)