東欧の旅 4日目(番外:食事)

番外編として、4日目(2016年6月23日)に旅行中に飲食した物を記載します。

朝食
宿泊したブラショフ@ルーマニアのホテル(ホテル キュービック)でビュッフェ形式の料理を食べました。
私が飲食した物
画像
左の皿:トマト(生)、オリーブの実、パン(焼かなかった)、バター
右の皿:12時から時計廻りで、ウインナー、ベーコン、チーズ(2種類)、ハム、オムレツとケチャップ

画像
コーヒー(3杯飲みました)、オレンジ・ジュース

画像
イチゴ・ヨーグルト、バナナ

連泊なので、前日とは食べるものを少し変化させました。
目玉焼き→オムレツ。前日、野菜を食べなかったのでトマトとオリーブの実を食べる。
フルーツ・ポンチ→バナナ。ヨーグルトを食べました。


昼食
ルーマニアのブカレストの旧市街地にあるレストランで食べました。
画像
                                 お店の入り口
お店の名前は”カルク・ベレ”。ガイドブックで紹介されているお店で、1879年から続く老舗。

外で食べている人が多数。

旅行ですから、昼から飲みます。
画像
                         銘柄はカルク・ベレ、500ml
ビールの銘柄はお店の名称と同じ、自製のようです。
すっきり系、苦味が少ない。

ツアーで出された料理です。
画像
                                 パン

画像
                           チキンのチョルバ
チョルバはルーマニアの名物料理。野菜や肉を多く用いた濃厚なスープで、シチューや具の少ないスープとは区別される。ふすま(小麦の糠)を発酵させて作るボルシュという調味料を入れ、酸味をつけるのが特徴である。

具材はチキン、パプリカ、タマネギ、麺(?)と思われる物。
ほんの少しだけど酸っぱい、そして軽い塩味のブイヨン・スープの様な味でした。
これは美味しいと感じました。

画像
                                サラダ
キャベツ、レタス、ニンジンなど。白いドレッシングが掛かっていました。
ドレッシングの味は忘れました。

画像
                                メイン
ビーフで少し辛いソース。ポテト。
肉は柔らかいです。

画像
                                デザート
パパナッシュはルーマニアの定番スイーツ。チーズを練りこんだ、ふんわりと揚げたドーナッツ状のものに、コンフィチュールやサワークリームを添えたデザートです。

球状のドーナッツ。空いた所にレーズンが入っていました。上の丸いのはドーナッツと同じ素材のもの。
サワークリームと黒糖が掛かっていました。
私としては甘すぎました。

昼食のドリンク代はビール 15RON(旅行当時の日本円換算で約434円)。
今までビールは10RONだったのに、このお店は15RON。老舗だから?

それと、このお店はユーロが使用出来ないです。(ユーロが使用できないお店は始めて)
で、この旅行記の最初の方に出て来たSさんがRONが足りないとの事で12RONを貸しました。
(12RONは約347円。概算で3ユーロで合意。実際には2ユーロと100円(計、約346円)で返却してもらいました。)

写真にはありませんが、このお店でヴァイオリンX2、ピアノによる演奏がされていました。たしか、ルーマニアの作曲家のルーマニア狂詩曲(?)等が演奏されていました。
 --------------------------------------------
入手したパンフレットのようなもの
画像
店に入ると、こんな風景です。ここは、バーの様です。
 --------------------------------------------


夕食
宿泊するヴェリコ・タルノヴォ@ブルガリアのホテル(ホテル プレミア)で食べました。

ビールを飲みますよぉ。ブルガリアでの初ビール、どんなビールが出て来るか楽しみです。
画像
                  銘柄はブラルーカ(?)、500ml アルコール度数は4.6%
すっきり系。コクなし、苦味は少ない。

ツアーで出された料理です。
画像
                                 パン

画像
                               野菜スープ
具材はジャガイモ、パプリカ、玉ネギ。オニオン・スープの様な味。

画像
                                キュフテ
キュフテはブルガリアの名物料理と言うか定番料理。ブルガリア風ハンバーグ。
見た目はハンバーグですが、パン粉や卵などの繋ぎを使わないそうです、なので肉団子に近い。

塩味でした。付け合せはポテト、こちらも塩味でした。

画像
                                デザート
なぜかスイカ。

画像
                                コーヒー
コーヒーか紅茶の選択だったのでコーヒー(エスプレッソ)を頼みました。


夕食のドリンク代金はビール 5Lv X 2=10Lv(レヴァ)。旅行当時の日本円換算で640円。
(ルーマニアのビールは10RON(日本円換算で約289円、お昼のビールは例外と判断)、ブルガリアのビールは320円なのでブルガリアの方が物価が高いと思いました)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年07月14日 23:22
朝食は世界どこ行っても似たようなもんだと思いますが、ランチやディナーはその国の特徴が出ますよね
ルーマニア料理は特に気になります
チキンチョルバ以外は美味しいとの表記がありませんが、味はどうだったのでしょうか?
夕食時のビール・ブラルーカは美味しそうに見えますが、実際はどうだったのでしょうかね?
トルコのキョフテと同じような物が出たようですが、アラビアが元祖らしいですね
ビールは安く感じますが、他の物価と比べるとお高いのでしょうか???
2016年07月15日 02:59
朝食。。。いちごのヨーグルトとバナナにされたんですね
生の果物があるのは良いですね

ランチのお店はお洒落で老舗って感じの雰囲気がただよっていますね
チキンのチョルバ美味しそうです
少し酸味があるスープって好きです
デザートのパパナッシュも美味しそうです♪
モドキを作ってみたいと思います(笑)

ディナーのスープは具沢山ですね♪
メイン料理も美味しそうです

デザートはヨーグルトを使ったものが出てくるのかなって思ってました(笑)

2016年07月15日 08:01
ゆけむりさんへ
ルーマニア料理はバルカン半島に共通する料理が多いようです。特に挽肉料理がその典型です。
昼食は完食ですので美味しかったです。ただ、デザートが甘すぎました。

ルーマニア、ブルガリアのビールはピルスナー系のビールですが、全般的に苦味が少ないと感じました。

キュフテは地中海、バルカン半島などでバリエーションがあるようです。

ビールですがスーパーでは70円程度。ブルガリアで極普通のチーズを購入したのですが350gで210円位と日本では考えられないほど安価です。チーズとビールの価格をを比較するとビールは高いとなります。
2016年07月15日 08:09
とまるさんへ
朝食は連泊なので少し変化させました。前日に野菜を食べていなかったのでトマトとオリーブの実を食べました。イチゴのヨーグルトとバナナも美味しかったです。

昼食は老舗です。ただ、サービス提供が遅いです。
チキンのチョルバは具が沢山入っていて美味しかったです。
パパナッシュはチーズを練り込んでいるのですがチーズの味がしなかったです。

夕食のスープは具沢山ですが、昼のチョルバの方がさらに具沢山でした。
デザートはヨーグルトを使った物だったら良かったかもしれないですね。