フランス+フィンランド旅行記4日目その1 (パリ@フランス)

●4日目(2008年2月9日)その1
本日はパリ市内観光、その後フィンランドのヘルシンキへ移動です。

朝食後、ホテルのフロントにチェック・アウト時間を尋ねる。12時との返答から、チェック・アウトせずにパリ市内観光を行い、戻ってきてからチェック・アウトとする事にした。その心は、ホテルのロビーにトイレが無いので、部屋を利用したいから。
朝9時ちょっと前にホテル発。本日の観光場所はホテル近辺のため移動手段は徒歩。

・証券取引所:観光ポイントではないが、ホテルの近辺にあるため行きました。
画像


・ヴィクトワール広場:ここも観光ポイントではありませんが、ホテル近辺なので行ってみました。
画像


・パレ・ロワイヤル:ルイ14世が幼年時代を過ごした所。なお、ルイ14世は後にヴェルサイユ宮殿を建築する。現在のパレ・ロワイヤルはルイ15世が増築したもの。             
画像
                   王宮(パレ・ロワイヤル)
               とダニエル・ビュラン作の黒いストライプの付いたオブジェ

画像
                   王宮に併設するパレ・ロワイヤル庭園

画像
                   パレ・ロワイヤル庭園を囲む回廊には色んなお店が並ぶ。

画像
                   ボル・ビュリィ作の球体オブジェ

・サン・ロック教会:ルイ14世がまだ15歳だったとき、自ら教会の礎石を置いたと言われる教会。
画像


・カルーゼル凱旋門:ナポレンが建てた元祖凱旋門
(昨日(1年前にも)、観光したエトワールにある有名な凱旋門はナポレオンの命によって建てられたが、彼はその完成をまたずに亡くなった。こちらの凱旋門はナポレオンが生存中に見ることが出来た)
画像


・ルーヴル美術館(ピラミッド):ルーヴルの入口になっているガラスで出来たピラミッド
画像


・チュイルリー公園:かってルーヴルの西側にあったチュイルリー宮殿の庭として、ヴェルサイユ宮殿の庭園の設計で知られるル・ノートルの手になるフランス式庭園。
画像


・ヴァンドーム広場:パリで最も豪華といわれる広場。
画像


・マドレーヌ教会:ギリシャ神殿を思わせる教会。
画像


以上で観光は終了。ホテルに戻る。
その2に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント