バルト三国+α旅行 3日目その2 杉原記念館(カウナス@リトアニア)

●3日目(2019年2月28日)その2
カウナス市内観光をします。

ツアーバスがカウナス旧市街に到着。
12時53分頃から昼食。←別途記載。
ツアーバスは新市街へ。

杉原記念館(旧日本領事館)
「日本のシンドラー」とも呼ばれている外交官杉原千畝がいた元日本領事館を記念館として一般公開している。
第二次世界大戦中に日本政府の意に反してユダヤ人を助けるために「命のビザ」と言われる日本国の通過ビザを発給し、第三国に渡ることの出来たユダヤ人は6,000人を超えると伝えられている。

日本人として唯一イスラエルから「諸国民の中の正義の人」として表彰された。

画像
やや正面からの建物。
道路に面している所が2階。

2階から入ります。

希望の門
画像
入り口。
希望の門。命のヴィザ。 と書かれている。

子供部屋
杉原はソ連からの情報を集めることを命ぜられます(諜報活動)。その展示がされていました。
画像

画像



夫婦の部屋
画像


画像
ビザの展示。


画像


画像
赴任当時の新聞。日本文化の紹介として大相撲を取り上げている。


ビデオ約15分を観る。 主にビザ発給について。

1階へ。
アシスタントの部屋
日本から第三国へのルート等が展示されていました。
画像


執務室
画像

画像
家具は当時の物。

執務室の杉原千畝が座った椅子に座って写真撮影OK.

1階から外に出る。裏庭からの建物写真を撮り忘れ。

 --------------------------------------------
入手した物(画像をクリックすると読めます)
パンフレット
画像

画像


葉書サイズの物
画像

画像
募金はしておりません。
スタンプを押してきました。

小冊子(B5サイズ、表紙を含め32ページ)
画像
表紙のみ掲載。
冊子の内容は
・INTRODUCTION
・年表
・第1章 ビザの記憶
・第2章 ユダヤ受難の民
・第3章 それぞれのその後
・第4章 早稲田大学と杉原千畝
・第5章 関係者インタビュー
・第6章 杉原千畝関連施設
・編集後記
となっています。
 --------------------------------------------

ツアバスーに乗って旧市街へ行く。

その3に続く。

"バルト三国+α旅行 3日目その2 杉原記念館(カウナス@リトアニア)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント