北海道・函館旅行 (番外:函館のホテル)

フリープランのツアーで利用したホテルを掲載します。

ホテル名称は”湯の川観光ホテル祥苑”

画像
                          外観(全ての建物ではありません)
画像


画像
                             レセプション

画像
                             建物平面配置図(1F)

画像
                             建物立体配置図
  
画像
                                中庭

宿泊は望洋館、祥苑館、遊湯館、はまなす館の4つがあります。

利用したのは望洋館(和洋室の部屋)
部屋の様子↓
部屋に入ると玄関(左に下駄箱、風呂・トイレ・洗面台)、右側は荷物置き場

画像
                        部屋全体(手前に和室:8畳、奥が洋室)
TVは29インチとやや小さいです。TVの右側は鏡、左側には電気ポットがあります。
写真には写っていませんが、左側に押入れがあり布団、枕が入っていました。

洋室は
画像
                             シングル・ベッド

画像
ベッドの反対側:左にクローゼット、その下に金庫、テーブルとイス、テーブルの奥にタオル掛け、右側のイスの奥に冷蔵庫。
なお、左端に白く写っているのは個別暖房。集中暖房が入っているので個別暖房はOFFにしました。(OFFでも寒くないです)

部屋から見た玄関側の写真↓
画像


部屋から見ると左側に荷物置き場↓
画像


部屋から見ると右側に下駄箱、トイレ等
画像


画像
                       トイレ(ウォシュレット・タイプ)、洗面台、風呂
部屋の風呂は利用せず、大浴場を利用しました。

部屋にはドライヤーがありません。

部屋からの風景
                    
画像
                          右の橋は汐見橋(漁火通)

画像
                              橋の奥は海です


大浴場
2つありまして、日毎に男女が入れ替わります(利用可能時間5時~10時、15時~25時)
     千勝の湯 清涼の湯
3/18  男      女
3/19  女      男
3/20  男      女
3/21  男      女
3/22  男      女

千勝の湯:寝湯、かけ流しの湯、低温に高温が揃う青森ヒバの香りする湯。露天風呂。
清涼の湯:ラックシリカの湯、かけ流しの湯、低温に高温が揃う御影石の重厚な湯。露天風呂、
*各々4つの湯と露天となっています。(露天は寒いので利用しなかった)計8つの湯は全て入りました。
 シャンプー等は全て豆乳を使用している(豆乳ボディソープ、豆乳ヘヤーシャンプー、豆乳ヘヤーリンス)
 なお、部屋にあったのは豆乳ではありませんでした。

*別料金は支払えば個室露天風呂が利用できます(1室1,058円/50分)

食事
朝食はバイキング。望洋館1F/ジャンボ シアターで7:00~9:30

夕食は全日、飲み放題(90分間)で
3/18 バイキング
3/19 和膳 
3/20 バイキング
3/21 和膳 (3/19とは食事内容が異なっていました、場所も違いました)

バイキングは望洋館1F/ジャンボ シアターで
第1部 17:30~19:00
第2部 19:20~20:50
希望の時間をフロントに伝える。(遅く申し込むと変更される可能性あり)

和膳は祥苑館2Fの祥月亭または祥雲亭で(どちらも個室)
17:30~19:00
18:00~19:30
18:30~20:00
19:00~20:30
19:30~21:00
希望の時間をフロントに伝える。(部屋数に限りがあるので遅く申し込むを変更される可能性あり)


送迎バス
ホテルからJR函館駅前まで無料バスがあります。
8時20分、9時50分、10時50分発 (前日の20時までに予約必要)

JR函館駅・函館フェリーターミナル→ホテル
函館空港⇔ホテル
もあります。
空港⇔ホテル は時間が違うので利用しませんでした。

アクセス
市電の湯の川温泉まで歩いて約8分。
バス停の湯の川温泉まで歩いて約3分。


ホテル近辺の写真
ホテルで出て左折してすぐに右側に小さな橋があります。
画像
                            橋には絵が描かれている

画像
                      橋にステンドグラスのような物がありました
なお、橋を渡って途中からの写真が冒頭の画像です。


中国人?の団体が結構な人数がいました。
(静かなので香港か台湾と思われる。それとも、添乗員から静かにするように強く言われている大陸人かも)

個人的には夕食が飲み放題だったのが嬉しかった。←沢山飲みました。

"北海道・函館旅行 (番外:函館のホテル)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント