展覧会「古典X現代 2020 時空を超える日本のアート」を見にいきました(7月3日 国立新美術館)

2020年7月3日(金)東京都港区にある国立新美術館で展覧会「古典X現代 2020 時空を超える日本のアート」を見に行きました。

国立新美術館に入場時の検温では手首の内側(右手)には驚いた。←額でなかったので。
202007-01.jpg
チケット半券(無料観覧券)
大人1,700円(前売り1.500円)ですがハガキ代で無料観覧券を入手しました。

コロナ禍のため開催日が6月24日~8月24日に変更になりました。
3密回避の為、日時指定券が必要。
202007-02.jpg
日時指定券

江戸時代以前の名品と8人の現代作家たちの作品をペアにして紹介する展覧会。
主題や造形の類似はもちろん、先達から得た着想や、誰もが知る名品とそのパロディ、古い作品を取り込んだインスタレーションなどを通じ、時代を超えたアートの対話が繰り広げられます。
*インスタレーション:展示空間の壁 や床に、空間と有機的な関係を持つよう立体作品を設置する方法、ないしはその作品を 指す。

写真撮影禁止 (1作品のみOK)なのでチラシ、新聞号外、パンフレットを参照願います。
なお、写真OKの1作品はチラシなどに掲載されています。(画像をクリックすると読めます)

チラシ
IMG_5011.JPG
IMG_5012.JPG

新聞号外
IMG_5013.JPG
IMG_5015.JPG

パンフレット(入場時に貰ったもの)
202007-03.jpg
202007-04.jpg
202007-05.jpg


(作品リスト)
202007-07.jpg
202007-08.jpg
202007-09.jpg
202007-10.jpg
202007-11.jpg
202007-12.jpg
葛飾北斎のパロディが面白かったです。

*話は変わりますが3月2日に公共交通機関を利用後、近所しか出かけていなかった。7月3日、久しぶりに公共交通機関を利用しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント