マレーシア旅行 3日目その1 カピタンクリンモスク、マハマリアン寺院、周一族の桟橋など(@ペナン島ジュージタウン)

・3日目(2020年2月28日)その1
本日の予定はペナン島ジョージタウンの観光後、ブキットメラに移動して観光、セランゴールに移動して観光、クアラルンプールに移動して観光、宿泊。

朝7時のモーニングコールで起床。
7時25分頃より朝食。←別途記載。
8時17分、ホテル出発。ペナン島ジョージタウンの観光を行う。

アルメリア(アルメニアン通り)にやってきました。ここから徒歩観光。
(アルメリア(アルメニアン)通りは世界遺産かもしれない)
IMG_1481.JPG
トライショーが客待ちでたむろしています
この通りは中国人街です。
慈済宮
由来など全く分りません。
IMG_1482.JPG

こんな所を歩いていく
IMG_1483.JPG

ストリートアートがありました。↓
IMG_1484.JPG
ストリートアートは2012年頃から始まった。ペナン島には50か所以上あるそうです。

中国らしい建物が多い。
IMG_1486.JPG


福徳祠
由来など全く分りません。
IMG_1487.JPG

マスジット・カピタン・クリン通りに来て
カピタン・クリン・モスク
1801年。裕福なインド人のイスラム教徒カウダー・モフディーによって建てられた。
マレーシアでも最大のモスクのひとつ。
IMG_1489.JPG
モスクはムガール様式

IMG_1490.JPG
ドーム状のミナレット

ここら辺はインド人街。
この近辺は宝石屋が多い↓
IMG_1491.JPG

マハ・マリアン寺院(世界遺産)
1883年に建設されたジョージタウンで最も古いヒンドゥ教の寺院。
IMG_1493.JPG
IMG_1494.JPG

少し歩いて
観音寺(世界遺産)
1800年代にペナン島に入植した広東人と福建人によって建てられたペナン島最古の中国寺院。
IMG_1495.JPG
IMG_1497.JPG

ここまで徒歩観光。
ツアーバスに乗って
同性一族の桟橋(周一族の桟橋)(世界遺産)
中国人移民の伝統水上家屋でペナン島には楊一族、李一族、陳一族、周一族、林一族の5つの桟橋がある。
今は観光名所になったが、人々の生活があり、民家の間に寺や小さな店が張り出している。
私たちは一番大きい周一族の桟橋(Jetty Crew)を観光しました。

桟橋を歩きます。小さなお店が多数ある。右側は民家。
IMG_1499.JPG

桟橋の説明
IMG_1500.JPG

桟橋からの風景(海面にはムツゴロウがいました)
IMG_1501.JPG

桟橋からの風景。向こう側にあるのは林一族の桟橋。
IMG_1502.JPG

桟橋からの風景。
IMG_1503.JPG

桟橋の中にお寺(感天宮)がありました
IMG_1504.JPG
IMG_1505.JPG
以上で周一族の桟橋は終わりです。
周一族の桟橋の手前には
朝元宮
由来などは全く分りません。
IMG_1498.JPG

その右隣に
劉財見
由来など全く分りません。
IMG_1507.JPG

ツアーバスに乗って、民芸品店へ
IMG_1508.JPG
錫(すず)製品のカップでジュースを頂く。
私は少し見てから2~3分後に店の外へ。皆さんが店を出るのを待っていた。

ツアーバスに乗ってペナン島のホテル内で11時10分頃から昼食。

ツアーバスはブキットメラに向け12時0分出発。

その2に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年03月28日 18:30
マレーシアは多民族国家なんですね
Wikipediaを見たら頭がグルグルしました(笑)

インド人や中国人の移民で、こういうコミュニティーもあるんですね

ツアーのお土産屋さんは、う~んですね(笑)
masa-taka
2020年03月29日 10:57
とまるさんへ
マレーシアは多民族国家です。マレー人、中国人、インド人、中国人とマレー人の子孫が主な構成です。
中国人街、インド人街がありました。

ツアーのお土産屋さんはうんざりです。4日目はお土産屋さん3連続でした。