川中美幸特別公演を観に行きました(2月19日 明治座)

2020年2月19日(水)東京都中央区にある明治座で川中美幸特別公演を観に行きました。

明治座・のぼり旗
IMG_4996.JPG

チケット半券
202002-13.jpg

私の席からはこのように見えます↓(ほぼ中央)↓
IMG_4997.JPG

公演チラシ(画像をクリックすると読めます)
202002-14.jpg
第1部は芝居
井上順(敬称略、ブログタイトルを含め以下同様)、麻丘めぐみは懐かしいです、松井誠は初めてだと思います。
松井誠について調べてみました。→劇団誠の座長であり、自らが創設した新舞踊「誠心流」家元でもある。株式会社MAKOTO所属。松井の女形はその美しさから『生きる博多人形』『長谷川一夫丈の再来』と呼ばれている。

202002-15.jpg
第2部はコンサート
(第1部のあらすじが記載されています)

ネタバレコーナー
第1部 フジヤマ「夢の湯」物語第1幕 16時0分~17時1分(予定 16時0分~17時0分)
舞台はイベント会場?。
下町の銭湯「夢の湯」の主人である美幸(川中美幸)は本業の傍ら、町の人々の依頼に応じて代行サービスを行っている。
本日は花売り娘になって幼馴染の実業家・メグミ(麻丘めぐみ)の一人息子のプロボーズのリハーサルを行う。
イベント会場?にいるのは全員が代行サービス従業員。
美幸が花道から”東京の花売り娘”を歌いながら登場。何故かAKB48の”ヘビーローティション”を全員で歌い、踊る。なお、センターは美幸。←これには驚いた。
一人息子のプロポーズのリハーサルは上手くいった。で、本番は相手に二度と顔を出すなと言われて大失敗。
実業家・メグミが登場して息子にふさわしい人をみつけ嫁にすると言うと、一人息子は自分の人生は自分で決めると言う。

美幸が山本リンダの曲(どうにもとまらない)を歌いながら風呂掃除。そこに写真館の主人・ジュン(井上順)が訪ねて来て傾きかけている銭湯の継続を促す。
美幸が父親が借金で失踪してから15年?、借金は母と美幸で返済したのが3年前。その後、母が無くなる。
美幸は銭湯を改装して劇場にしたい夢があるが母はNGの返事であった。美幸は失踪した父親を憎んでいる。
ジュンは嫁と2人でイタリアに行きたい夢を語るが実現することなく嫁が亡くなった。

ある日、大衆演劇の座長・マコト(松井誠)から「開店前の銭湯でお芝居を上演させて欲しい」と提案された美幸は、「夢の湯」の有効活用で代行サービス以外でも収入ができると大いに喜んだ。また、本人も劇に出たい夢が叶うと喜んだ。
そこに実業家・メグミの一人息子が来てマコトの劇団に入りたいと言い出すが、メグミがダメと言う。
座長のマコトが1年だけ預けて欲しいと言う。何故か、美幸はメグミにメロンです、請求書です言う(TVドラマ”ドクターX”の台詞)。

へんな2人がやって来る。実は借金取り。
美幸の父親が5年前に借金の保証人になっていたが借りた本人がなくなったので保証人の娘である美幸の所に来た。借金は3千万円。
ジュンが借用書を見せて欲しいと言って、借用書を飲み込む。借金取りは、それはコピーと言う。
弁護士が登場して借用書を見せて欲しい、借用書を見てこれは面倒なことになったと語る。
美幸は父親が5年前には生きていたんだと言う。そして、銭湯で開催する大衆演劇の初日まで待って欲しいと言って幕が下りる。

(休憩30分)

第1部 第2幕 17時31分~18時30分(予定 17時30分~18時30分)
夢の湯エンターテインメントショーの初日。
タンゴ(ラ・クンパルシータ)など踊る。
美幸は代行サービスで夢の湯亭美幸となって落語「時そば」を行う。

美幸は父親の借金返済のため店を売る決心をする。余ったお金で父親を捜すことも決心する。
メグミが3千万円貸す、力になりたいと言う。

ジュンと妻(たかこ)が写った写真をもってジュンが現れる。ジュンが写真の妻(たかこ)にもういいよなと言って美幸にプロポーズするが断られる。
美幸が代行サービスで銭湯を仮のイタリアにしてジュンの写真を持たせで仮のイタリア観光を行う。

弁護士がやって来る。悪徳業者に騙されられたと美幸の父親の失踪した訳を言う。失踪後は遠洋漁業の仕事をしてお金を美幸の母親に送っていた。10年の年期が明けても帰らない訳は美幸に合わす顔がない、憎まれているのは分かっているからと話す。
借金を返済して夢の湯は改築することになった。
1/4は銀行、1/4はメグミ、1/4はジュン、1/4はクラウド・ファンディングで費用を捻出した。
新しい夢の湯は1階が銭湯、2階が劇場、3階が写真屋とジュンの居宅、4階が美幸の居宅になる予定。
地鎮祭の日、借金取りが蕎麦焼酎「雲海」を持って来る。美幸が「雲海」のCMソング「酔わせて」を少し歌う。
お父ちゃん、お母ちゃんありがとうと言って幕が下りる。

結構、笑いました。

(休憩30分)

第2部 川中美幸オンステージ 人・うた・心 19時0分~20時11分(予定 19時0分~20時5分)
歌った曲を記載します(曲名紹介が殆どなかったので間違いがあるかもしれません)

川中美幸が青い着物で登場。ダンサーがおります。
1.歌ひとすじ
2.おもろい女
3.笑売繁盛
(トーク:東京パラリンピックの応援大使をしている)

川中美幸退場。
代わって松井誠登場
4.いいゆだね(ドリフターズ版)
5.スシ食いねエ!(シブがき隊) +2名で歌う
(コント:パリ味の中華そばの屋台。パリ味の中華そばとはどんな味と屋台の店主に聞く。いけねえ一部隠れていた、サッパリ味の中華そば)

松井誠退場。
代わって着物姿の女性3名が登場。

お江戸日本橋の曲で踊る。

女性3名退場。
代わってm」川中美幸が赤のドレスで登場
6.東京ブギウギ(笠井シヅ子)
7.東京ラプソディ(藤山一郎)

麻丘めぐみ登場
(トーク:3歳で初舞台、その舞台には花菱アチャコがおりました。歌手は5年間、その後は女優)
川中美幸退場
8.私の彼は左利き

麻丘めぐみ退場。
舞台に額縁、博多人形の立て札、額縁の中に女性。
実は松井誠です。川中美幸の曲で踊る。曲名は分かりません。踊りが素晴らしい。

松井誠退場。
代わって、川中美幸がピンクの振袖で花道から登場。
9.ちょうちんの花
10.ふたり酒
11.???
12.二輪草
(9~12はメドレーで歌う)
(ここまで曲名紹介なし)

(トーク:テイチクレコードにお世話になって43年)
ここから3曲は曲名紹介あり。
13.女の一生~汗の花

松井誠登場。
14.逢えるじゃないかまたあした(石原裕次郎とのデュエット曲) いい男と歌いたかったそうです。
松井誠退場

15.海峡雪しぐれ  ←2020年2月5日発売の新曲
16.人生賭けてます ←曲名紹介なし

コンサートはこれで終わり・

第2部の登場人物が舞台に勢ぞろい(踊りを担当したのは第1部出演の若手だと思います)
舞台から投げ込み(2月なので豆まき?)。私は16列目なので飛んできませんでした。せいぜい10列目までかな。

上手、下手、中央の順番で礼。
20時11分に幕が下りる。

この頃は演歌も聞くようになりました。
芝居とコンサートは楽しかったです。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント