バルト三国+α旅行 6日目その3 フェリーでエストニアのタリンからフィンランドのヘルシンキへ移動

●6日目(2019年3月3日)その3
フィンランドのヘルシンキへ移動してヘルシンキで宿泊します。

15時2分、ツアーバスはタリン港のフェリー乗り場に到着。
画像

フェリーでエストニアのタリンからフィンランドのヘルシンキへ移動します。
タリンク社のスター号(36,429トン)。
*フィンランドのヘルシンキからエストニアのタリンは3時間30分でしたが、エストニアのタリンからフィンランドのヘルシンキは高速艇のため2時間との事。
15時50分から乗船開始。出航は16時30分。
画像
                 乗船券

15時55分、乗船。
スーツケースは秘密の場所?に置いた。←ここに置けないと個人管理になる。

画像
                 船の概要マップ (画像をクリックすると読めます)

予定より15分早い16時15分に出航しました。
画像
                 タリン港

私たちは船室を確保していないので7階、8階の共用スペースで休憩しました。
(反対にたった2時間でも船室を確保している人が多いです)
私はタバコを吸うので7階、8階の甲板へ時々行っていました

18時30分にヘルシンキ港に到着。(15分早く出航したのに定刻に到着)
18時42分にツアーバス出発。
18時59分、ヘルシンキ市内のレストランで夕食を食べる。←別途記載。

20時12分頃、ツアーバスに乗って宿泊ホテルに20時35分到着。
添乗員からスーパーに行きたい人は20時50分にロビー集合の連絡あり。
20時38分に部屋に入る。お湯が出ることを確認してロビーに行きました。

スーパーでビールを購入しました。なお、シレネ・チーズ(塩っぱくて酸っぱい白いチーズ)は残念ながら売っていなかった。ビールは冷蔵庫に入れる。
少し休憩後、風呂。
少し休憩してから、先程購入したビールと日本から持って来た寝酒を飲んで23時35分に就寝。

この日の最高温度はー1℃。風が冷たい。なお、外ではニット帽と手袋を使用。それとカイロは利用しました。 

6日目の旅行記はこれでお終い。             

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2019年04月26日 00:14
最高気温がー1度ですかぁ
ニット帽と手袋がないと寒すぎますね
フェリーの甲板は激寒やったでしょう

カナダで霧の乙女号にはびしょ濡れになるのは嫌なので乗りませんが、別のところでフェリーに乗ります
船は怖いんですが乗らないと行けないし短時間なので(笑)
2019年04月26日 09:46
とまるさんへ
この日の最高温度がー1度でした。ニット帽と手袋とカイロは必須です。
フェリーの甲板は進行方向とは逆な所に行きましたが寒かったです。進行方向なら激寒だと思います。

私がカナダに行った時期は川が半分凍っていたので霧の乙女号が運航していなかったです。
とまるさんが船が怖いのは初耳です。
2019年04月27日 22:35
そうでしたか(笑)
私は25メートルぐらいしか泳げないし、沈んでいくので船には出来れば乗りたくないんです
映画のタイタニックを見たときに溺死は嫌やと思いました
船が沈む確率は高くないと思うんですけどね(笑)
とはいえ、この先も船に乗ることはあるかもしれませんね(笑)
2019年04月28日 09:02
とまるさんへ
私も25m位しか泳げません。
今まで船が沈没することを想定したことがありません。
また、船が怖いと思ったこともありません。