大相撲観戦 (1月16日 両国国技館)

2019年1月16日(水)両国国技館での大相撲・初場所(1月場所)の4日目を観に行きました。
2年4年ぶりの観戦です。
(過去に9月に観戦していました。2017年9月はチケットが取れず、2018年9月もチケットが取れず。で、2019年1月はやっと取れました。)
画像
のぼり旗。
稀勢の里は3連敗。4日目は出場?引退?(休場はありえないと思っています)

画像
国技館入り口前の横綱の写真。

久しぶりの観戦。どうせ行くなら早い時間から観戦しようと10時30分頃には両国国技館に到着。相撲博物館の展示を見て、弁当を買って、タバコを吸ってから10時48分頃に席に着きました。


画像
チケット半券
前売り初日の10時からネットと格闘、10時15分に繋がった時には1人用マス席は全日完売。イス席はA席、B席は全日完売。C席が数日だけ残っていた。

画像
イスC席は土俵からめちゃめちゃ遠いです。また席もA席、B席と比べて少し狭い、また固いです。(過去にA席、B席で観戦したことがありますがC席は初めて)

席に着いた時は序二段の残り13番目の取組が行われている時でした。
10時48分は凄く早い時間なので観客は少ない。


3段目の取り組みが行われている12時頃に事前に購入した弁当を食べる。

画像
稀勢の里弁当。稀勢の里がプロデュース。1,150円。
(弁当購入時は引退の発表はされていない。今後、この弁当は発売されないと思って購入しました。)

画像
左:ご飯+胡麻+梅干し。
中:茨城産鶏肉と長ネギ(塩味)。ゆで卵、ミートボール。
下:ハチミツ梅干し、香の物(キュウリ、ナス)、煮物(里芋、ニンジン、コンニャク、フキ、椎茸、シメジ)

なお、お茶は自宅の2Lペットボトルから500mlのペットボトルに入れて持参しました。


画像
体格差のある取り組み(幕下)。
左(西):豊昇龍(元横綱 朝青龍の甥)、右(東):高立。
豊昇龍が切り返しで勝ちました。
なお、豊昇龍は注目されています。

取り組みが順調で十両土俵入り前に約5分間の休憩。
14時15分より十両土俵入り。
画像
西方の十両土俵入り。

画像
東方の十両土俵入り。

幕下上位5番、十両時組が始まる。

画像
私が観戦してから初めての”ものい”
幕下最後の取り組みで東に軍配。協議の結果、取り直し。東の極心道が勝ちました。

画像
塩消費量NO.1 右(東):照強関の塩まき。  左(西):友風関

15時41分より幕内土俵入り。
画像
西方の幕内土俵入り。

画像
東方の幕内土俵入り。

続いて横綱土俵入り。この日は稀勢の里関、白鵬関、鶴竜関の順番。
で、白鵬関から始まったので稀勢の里関が引退と思った。隣の人は十両の取り組みが始まる頃に来ました。で、隣の人に聞いたら稀勢の里関が引退。
(私の携帯はガラケーなのでネットに繋ぐことは殆どないので分からなかった。多分、引退だと思って家を出た。)

画像
横綱 白鵬関の土j表入り。

画像
横綱 鶴竜関の土俵入り。

最後の取り組み、白鵬関と北勝富士関は本日3回目の”ものい”
画像
審判が協議中。
私は白鵬関が先に土俵より落ちたと見えた。この時、座布団が舞う。
軍配は白鵬関。
協議の結果、白鵬の足が残っており白鵬の勝ち。
(因みに18時を過ぎていたのでNHKは相撲の中継を延長したと思います)

弓取式もしっかり見ました↓
画像
18時4分、終了。


生の観戦は雰囲気が違います。また観戦したいです。

 --------------------------------------------
相撲博物館では江戸後期の大相撲についての展示がありました、
チラシ↓((画像をクリックすると読めます)
画像

画像

阿武松(おうのまつ)、陣幕(じんまく)は親方の名前ですが、江戸時代の相撲取りの名前なんですね。
 --------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年01月25日 11:36
相撲のチケットを取るのも大変ですね
稀勢の里引退の日やったんですね


2019年01月25日 17:43
とまるさんへ
大相撲のチケットを取るのが大変です。ネットと格闘が必要です。
稀勢の里が横綱になってからチケットが取れにくいです。昔は前売り初日の11時頃でもチケットが残っていました。

稀勢の里が引退した日です。家を出る時は未だ発表がなかった。稀勢の里弁当にしたのは多分引退すると思い、今後は発売されないと判断し購入手しました。