バレーボール観戦しました(11月3日)

2018年11月3日(土)に東京都世田谷区の駒沢体育館で開催されたバレーボール(V DIVISION 1リーグ女子)を観戦しました。

画像
駒沢体育館 外観

今シーズンより新リーグに移行しました。
V1レギュラーラウンドは11チームによる2回戦総当たり(11チームを東西コンファレンスに分け、交流戦も含め、2回戦での総当たり方式)
各カンファレスの上位4チームがプレーオフへ。←カンファレスに関係なく総当たりなので不公平とはならない。
下位3チームは総当たりによる順位決定戦。→V2リーグとの入れ替え戦へ(最下位は自動降格???)

なお、開幕戦です。
第1試合 デンソー vs NEC

画像


キッズ・エスコートによる選手入場↓
画像
左:NEC  右:デンソー

試合風景↓
画像
左:NECのアタック  右:デンソー

画像
左:NECのアタック  右:デンソー

画像
左:デンソーのアタック  右:NEC

画像
左:デンソーのアタック  右:NEC


試合のタイムアウト時を基本に得点経過を簡単に記載します。
第1セッ
最初に2点差になったのは4-6でNECがリード。
1回目のテクニカル・タイムアウト時は5-8でNECがリード。
5-8から5-11と点差が広がった時にデンソーが1回目のタイムアウトを取る。
2回目のテクニカル・タイムアウト時は9-16でNECがリード。
デンソーは12-18から14-18と点差を少し縮めるが、
14-18から14-21と点差が広がった時にデンソーが2回目のタイムアウトを取る。
その後デンソーは挽回出来ず、最後はNECのブロックが決まり18-25でNECがこのセットを取る。

第2セット
最初に2点差になったのは3-1でデンソーがリード。
1回目のテクニカル。タイムアウト時は8-3でデンソーがリード。
NECが連測ポイントで8-7となった時にデンソーが1回目のタイムアウトを取る。    
その後13-10と3点差、13-11から14-11の3点差となるが14-14の同点となる。
2回目のテクニカル・タイムアウト時は16-15でデンソーがリード。
その後デンソーの1点リードまたは同点が続く。
18-17から19-17の2点差になった時にNECが1回目のタイムアウトを取る。
21-18の3点差となる。
その後21-20、22-20から22-21の1点差になった時にデンソーが2回目のタイムアウトを取る
24-22から24-24のデュースとなる。24-25とNECが逆転する。
25-25、25-26、最後はNECのブロックが決まり25-27でNECがこのセットも取る。

第3セット
最初に2点差になったのは2-4でNECがリード。
1回目のテクニカル・タイムアウト時は5-8でNECがリード。
6-9から11-9とデンソーが逆転し2点差とする。
12-10から12-12の同点。13-12から13-14とNECが逆転。
2回目のテクニカル・タイムアウト時は13-16でNECがリード。
次のポイントがNECで13-17となった時にデンソーが1回目のタイムアウトを取る。
その後デンソーは挽回出来ず、最後はNECのアタックが決まり19-25でこのセットも取る。

3-0でNECが勝利。
勝ったNECは勝点3を得る。負けたデンソーは勝点を得ることが出来ず。

なお、NECは外国人選手はベンチ入りせず。怪我???

バレーボールの楽しみは試合だけじゃなく、セット間のチアー・リーダの演技です。
第1セットと第2セットの間にNECの演技がありました。
画像
飛びます、飛びます。

画像


デンソーはチアーリーダーが来ていませんので演技なし。
 --------------------------------------------
第1試合と第2試合の間に開幕セレモニーがありました。
画像
BananaLemonのオフィシャルソング (ピンボケじゃ)

画像
V1女子全11チーム団旗が入場。バレーボールに因んだダンス(スパイク、レスシーブ、V(ッレーボール)がありました。
最後に、Vリーグ機構代表理事会長・嶋岡健治が高らかに開会を宣言しました。


*会場が暗かったです。
 --------------------------------------------

第2試合 久光製薬 vs 東レ
画像


キッズ・エスコートによる選手入場↓
画像
左:東レ  右:久光製薬

試合風景↓
画像
左:東レのアタック  右:久光製薬

画像
左:東レのアタック  右:久光製薬

画像
左:久光製薬のアタック  右:東レ

画像
左:久光製薬のアタック  右:東レ

試合のタイムアウト時を基本に得点経過を簡単に記載します。
第1セット
最初に2点差になったのは5-3で久光製薬がリード。
1回目のテクニカル・タイムアウト時は8-5で久光製薬がリード。
9-6から10-6と点差が広がった時に東レが1回目のタイムアウトを取る。
2回目のテクニカル・タイムアウト時は16-11で久光製薬がリード。
16-13から18-13と点差が広がった時に東レが2回目のタイムアウトを取る。
その後東レは挽回出来ず、最後は東レのアタックミスで25-17で久光製薬がこのセットを取る。

第2セット
0-3と東レが3点差とする。3-4から5-4と久光製薬が逆転する。
1回目のテクニカル・タイムアウトは8-5で久光製薬がリード。
10-8から12-8となった時に東レが1回目のタイムアウトを取る。
2回目のテクニカル・タイムアウト時は16-12で久光製薬がリード。
その後東レは挽回出来ず、最後は久光製薬のアタックが決まり25-14で久光製薬がこのセットも取る。

第3セット
最初に2点差になったのは1-3で東レがリード。
2-4から4-4の同点となるが、次のポイントは東レで4-5。しかし6-5と久光製薬が逆転する。
6-7と東レが再逆転する。
1回目のテクニカル・タイムアウト時は8-7と久光製薬が再度逆転する。
10-8から12-8と点差が広がった時に東レが1回目のタイムアウトを取る。
2回目のテクニカル・タイムアウト時は16-12で久光製薬がリード。
16-15の1点差になった時に久光製薬が1回目のタイムアウトを取る。
久光製薬の2点差または3点差が続くが、
19-16から20-16の4点差にになった東レが2回目のタイムアウトを取る。
21-17から21-20の1点差になった時に久光製薬が2回目のタイムアウトを取る。
その後、久光製薬は点差を広げる。
最後は久光製薬のアタックが決まり25-21で久光製薬がこのセットも取る。

3-0で久光製薬が勝利。
勝った久光製薬は勝点3を得る。負けた東レは勝点を得ることが出来ず。

なお、久光製薬の外国人選手はベンチ入りせず。怪我???。
       
第1セットと第2セットの間に東レのチアー・リーダーによる演技がありました。
画像

画像


久光製薬はチアーリーダーが4名来ておりましたがチア演技はありませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント