ラグビー観戦しました(9月8日)

2017年9月8日(金)東京・秩父宮ラグビー場にてトップ・リーグ第4節を観戦しました。
画像
ホワイト・カンファレンスで勝点9で3位のNECとレッド・カンファレンスで勝点14で首位の神戸製鋼との対戦。

画像
                       試合開始前のNECの円陣(ピンボケじゃ)

画像
                          試合開始前の神戸製鋼の円陣

試合風景↓
画像
                            神戸製鋼・ボールのスクラム

画像
                           NEC・ボールのラインアウト

画像
                            NEC・ボールのスクラム

(神戸製鋼・ボールのラインアウトの写真を撮ったつもりでしたが有りませんでした)

前半の得点経過
4分、神戸製鋼が敵陣ゴール前17m近辺でのスクラムからパス、ラックを繰り返してトライ、ゴールも決まり0-7。
11分、NECが敵陣に10m位入った所でパスを行うが、神戸製鋼がインターセプト確保した時にノックオンになりそうになったがボールをキープ。そのまま走って中央にトライ、ゴールも決まり0-14。
15分、NECが自陣に10m位入った所からのラインアウトからNECのパスが悪くてボールが転がる。転がったボールを神戸製鋼が確保してパスとラックを繰り返してトライ、ゴールも決まり0-21。
ラスト1プレイのホーンが鳴った時は神戸製鋼が敵陣ゴール前5mのスクラム開始前。神戸製鋼が攻撃中にノックオン。NECが攻撃を行い敵陣の17m位入った所からキック・パス。しかしNECの選手とボールがほんの少しだけ外れてボールが外に出て終了。
画像
前半終了、21-0で神戸製鋼がリード。

後半の得点経過。
12分、NECが敵陣の17m近辺からのラインアウト。しかし神戸製鋼がそのボールを確保。神戸製鋼がボールをキック。そのボールをNECが敵陣の5m近辺で確保、パスを繰り返してトライ。ゴールは失敗で5-21。
17分、神戸製鋼がPGを決める5-24。
31分、神戸製鋼が敵陣ゴール前5mでのスクラム。NO.8の選手がそのままトライ。ゴールは失敗で5-29。
36分、NECが敵陣ゴール前5mでのラインアウト。モール攻撃でトライ、ゴールも決まり12-29。
38分、神戸製鋼がトライ?。TMO判定でトライ前にノックオンがありトライは認められず。
ラスト1プレイのホーンが鳴った時は神戸製鋼が敵陣ホール前7m近辺からのスクラス開始前。神戸製鋼は攻めるがNECがターンオーバー。NECは攻め続けるが自陣の15m近辺でノックオン。今度は神戸製鋼が攻撃を行う。そして神戸製鋼がキックパス、インゴールでNECが確保。
レフリーがNECの15m近辺まで戻ってからゲーム終了を合図。
画像
試合終了。29-12で神戸製鋼が勝利。
勝った神戸製鋼は勝点4を得て計18となり暫定でレッド・カンファレンスの首位をキープ(9/9の他チームの試合結果により2位に降下することもある)。
敗けたNECは勝点を得ることが出来ず勝点は9のまま暫定でホワイト・カンファレスの3位をキープ(9/9の他チームの試合結果により最大5位まで降下することもある)

秩父宮ラグビー場は通常2試合を行うが、この日は平日で未だ暑い時期なので夜での1試合だけ。チケットのコスト・パフォーマンスが悪いです。
(9月29日(金)は開催時間が早くなり2試合)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント