バレーボール観戦をしました(2月26日)

2017年2月26日(日)に東京都・大田区体育館で開催されたバレーボール(V・プレミアリーグ女子)を観戦しました。
画像
入場ゲートもファイナル・ステージになっていました。
現在開催中の試合はレギュラーラウンドで6位以上によるファイナル6(6チームによるリーグ戦)です。

第1試合はNEC vs JT
前日までの結果、勝点8で暫定2位のNECと勝点6で暫定5位のJTとの対戦。
(試合の対戦数が異なっているため暫定としました)

画像
                           NECの非公式練習風景
 
画像
                           JTの非公式練習風景

公式練習風景↓
画像

画像
                      JT                    NEC

キッズ・エスコートによる選手入場↓
画像
                      JT                    NEC

画像画像













画像画像














試合風景↓
画像

画像
                  左:JT              右:NECのアタック

画像

画像
                  左:NEC             右:JTのアタック


試合のタイムアウト時を基本に得点経過を簡単に記載します。
第1セット 最初に2点差になったのは0-2でJTがリード。その後、3-3、3-5、5-5となる。
       1回目のテクニカル・タイムアウト時は5-8でJTがリード。 
       9-10から11-10とNECが逆転。
       12-10の2点差になった時にJTが1回目のタイムアウトを取る。
       12-13とJTが逆転した時にNECが1回目のタイムアウトを取る。
       14-13とNECが逆転する。
       2回目のテlクニカル・タイムアウト時は16-14でNECがリード。
       19-17から20-17の3点差になった時にJTが2回目のタイムアウトを取る。
       その後、JTは挽回出来ず最後はJTのスパイク・アウトで25-20でNECがこのセットを取る。
第2セット 最初に2点差になったのは4-6でJTがリード。
       1回目のテクニカル・タイムアウト時は5-8でJTがリード。
       次のポイントがJTで5-9。この時にNECが1回目のタイムアウトを取る。
       5-10から8-10と点差が縮まった時にJTが1回目のタイムアウトを取る。
       9-10から9-13と点差が広がった時にNECが2回目のタイムアウトを取る。
       2回目のテクニカル・タイムアウト時は10-16でJTがリード。
       15-24とJTがセット・ポイントを取るが18-24となった時にJTが2回目のタイムアウトを取る。
       最後はJTのアタックが決まり18-25でJTがこのセットを取る。
第3セット 最初に2点差になったのは2-0でNECがリード。
       3-1から3-3の同点になる。6-3となった時にJTが1回目のタイムアウトを取る。
       1回目のテクニカル・タイムアウト時は8-4でNECがリード。
       2回目のテクニカル・タイムアウト時は16-9でNECがリード。
       19-12から20-12と点差が広がった時にJTが2回目のタイムアウトを取る。
       その後、JTは挽回出来ず最後はNECのアタックが決まり25-17でNECがこのセットを取る。
第4セット 最初に2点差になったのは2-4でJTがリード。
       5-4とNECが逆転する。6-4の2点差になった時にJTが1回目のタイムアウトを取る。
       1回目のテクニカル・タイムアウト時は8-6でNECがリード。
       11-6と点差が広がった時にJTが2回目のタイムアウトを取る。
       2回目のテクニカル・タイムアウト時は16-9でNECがリード。
       21-10から21-13と連続ポイントでNECが1回目のタイムアウトを取る。
       最後はNECのアタックが決まり25-16でNECがこのセットも取る。

3-1でNECが勝利。
勝ったNECは勝点3を得て計11となり暫定首位に浮上。負けたJTが勝点を得ることが出来ず計6のまま順順位も変わらず5位のまま。


バレーボールの楽しみは試合だけじゃなく、セット間のチアー・リーダの演技です。 
第1セットと第2セットの間にNECのチア演技がありました。
画像
                                飛びます

画像

画像

画像


第2セットと第3セットの間にJTのチア演技がありました。
画像

画像

画像

JTは飛ばなかったです。


 --------------------------------------------
第2試合は日立 vs トヨタ車体
勝点6で暫定4位の日立と勝点8で暫定3位のトヨタ車体との対戦。
(試合の対戦数が異なっているため暫定としました)

画像
                           日立の非公式練習風景

画像
                         トヨタ車体の非公式練習風景

公式練習風景↓
画像

画像
                      トヨタ車体               日立

キッズ・エスコートによる選手入場↓
画像
                      トヨタ車体               日立

画像画像












画像画像













試合風景↓
画像

画像
                  左:トヨタ車体           右:日立のアタック

画像

画像
                  左:日立           右:トヨタ車体のアタック


試合のタイムアウト時を基本に得点経過を簡単に記載します。
第1セット いきなり0-3の3点差でトヨタ車体がリード。
       1-3から1-5となった時に日立が1回目のタイウムアウトを取る。
       1回目のテクニカル・タイムアウト時は3-8でトヨタ車体がリード。
       2回目のテクニカル。タイムアウト時は12-16でトヨタ車体がリード。
       日立が14-16の2点差まで追い上げる。
       14-18と点差が広がった時に日立が1回目のタイムアウトを取る。
       17-21から19-21となった時にトヨタ車体が1回目のタイムアウトを取る。
       21-21の同点になった時にトヨタ車体が2回目のタイムアウトを取る。
       23-24でトヨタ車体がセットポイントを取るが24-24のデュース。
       25-24と日立が初めてリード。
       26-25から日立のアタックが決まり27-25で日立がこのセットを取る。
第2セット いきなり3-0の3点差で日立がリード。
       5-2から7-2と点差が広がった時にトヨタ車体が1回目のタイムアウトを取る。
       1回目のテクニカル・タイムアウト時は8-3で日立がリード。
       12-5から12-7となった時に日立がタイムアウトを取る。
       2回目のテクニカル・タイムアウト時は16-9で日立がリード。
       17-11から19-11と点差が広がった時にトヨタ車体が2回目のタイムアウトを取る。
       その後、トヨタ車体は挽回出来ず最後は日立のアタックが決まり25-15で日立がこのセットも取る。第3セット 0-1、2-1、3-2から3-4、5-6から7-6と逆転が続く。
       1回目のテクニカル・タイムアウト時は7-8でトヨタ車体が逆転する。
       9-8と日立が逆転する。
       10-8とこのセットで初めての2点差になった時にトヨタ車体が1回目のタイムアウトを取る。
       10-10の同点となるが13-10と点差が広がる。13-13から13-14とトヨタ車体が逆転。
       2回目のテクニカル・タイムアウト時は13-16でトヨタ車体がリード。
       次のポイントがトヨタ車体で13-17。この時に日立は1回目のタイムアウトを取る。
       15-19から15-21になった時に日立が2回目のタイムアウトを取る。
       17-22から19-22になった時にトヨタ車体が1回目のタイムアウトを取る。
       最後はトヨタ車体のアタックが決まり20-25でトヨタ車体がこのセットを取る。
第4セット 3-4から5-4と日立が逆転、最初に2点差になったのは6-4で日立がリード。
       1回目のタクニカル・タイムアウト時は8-5で日立がリード。
       10-8から12-8と点差が広がった時にトヨタ車体が1回目のタイムアウトを取る。
       2回目のテクニカル・タイムアウト時は16-10で日立がリード。
       17-10から17-13と点差が縮まった時に日立が1回目のタイムアウトを取る。
       18-14から20-14と点差が広がった時にトヨタ車体が2回目のタイミアウトを取る。
       その後、トヨタ車体は挽回出来ず最後は日立のアタックが決まり25-18で日立がこのセットを取る。

3-1で日立が勝利。
勝った日立は勝点3を得て計9となり暫定3位に浮上。負けたトヨタ車体は勝点を得ることが出来ず計8のまま順順位は4位に降下。
     
バレーボールの楽しみは試合だけじゃなく、セット間のチアー・リーダの演技です。 
第1セットと第2セットの間にトヨタ車体のチア演技がありました。
 
画像

画像

画像
                                飛びます

画像


日立にはチアリーダーがおりませんので演技なしです。
第2セットと第3セットの間では
画像
                          男子応援リーダーの踊りと応援団



2月26日試合終了後のファイナル6順位表
    チーム名   勝点    残り試合数
1位:NEC       11       2
2位;久光製薬    10       1
3位:日立        9       1
4位:トヨタ車体     8       1
5位:JT          6       1
6位;東レ         4       2


*5位のJTは次戦で勝点3を得た場合は計9となり、日立と並ぶがレギュラーラウンドは日立が上位なので
JTはファイナル6の4位以下が決定したため、ファイナル3への進出が出来ない事ことになった。

*首位のNECは残り全て敗け、他のチームが全て勝点3で勝った場合(実際には半分のチームが負けるので実際にはあり得ないですが)の勝ち点は
 久光製薬 13、日立 12、NEC 11、トヨタ車体 11、東レ 10、JT 9
 
 レギュラーラウンドはNECがトヨタ車体より上位なのでNECはファイナル6での3位以内が確定した。NECのファイナル3以上の進出が決定

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年02月27日 21:26
バレーボール観戦ですね
チアリーダーの演技はいいですね
男子の応援団は良かったですか(笑)
学生の応援団の演技はカッコいいですけどね

26日は、13時~15時まで小学生相手にバドミントンのボランティアでした
その後は17時までバドミントンの練習でした
右の足首から甲と土踏まずあたりが痛いです
ロキソニンテープ貼ってます(笑)

先日の試合は4試合して、3試合はストレート負け(笑)
1試合は1セット取って接戦で負けました
1勝が難しいです

今度の日曜日も試合です
目指せ1勝で頑張りたいと思います
2017年02月28日 07:51
とまるさんへ
バレーボール観戦の楽しみは競技だけじゃなくチア演技も楽しみです。
日立の男子応援団はカッコいいですよ。昨年見た時は笑いを誘うのがありました。

バトミントンの試合で早く勝てる事を願っています。