東欧の旅 6日目その1 セルディカの遺跡、聖ゲオルギ教会など(ソフィア@ブルガリア)

●6日目(2016年6月25日)その1
本日の予定はソフィア市内および郊外の観光、ブルガリア第2の都市プロヴディフへ移動して観光、ソフィアに戻る。

モーニング・コールは6時30分だけど6時5分に目が覚めたので起きました。
6時50分頃から朝食。←別途、記載。
ロビー集合は8時なので、7時50分頃にロビーに行く。
8時5分にツアーバス出発。8時11分頃に目的地に到着。ここから徒歩観光。

バーニャ・バシ・ジャーミア
1566年のオスマン朝時代に建立されたイスラム寺院。
丸いドームと尖塔が特徴。
画像



シナゴーク
ユダヤ教の集会所
画像



セントラル・ハリ(中央市場)
1910年に建てられた。
画像



セルディカの遺跡(その1)
地下鉄の工事の際に偶然発見されたもので、2~14世紀の城壁や、門の一部が残っている。
ローマ帝国治世下の2世紀に約500四方に渡って防壁が巡らされた。
画像
                                全体図

ここからの写真はマリア・ルイザ通りの下にあるセルディカの遺跡。
画像
                                能書き

基本的に良く分かりませんので写真のみ掲載。
画像


画像

画像
                            一つ前の写真の能書き

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


この画像の20m位先で遺跡が終了しています。
地上にいきます。地上からの遺跡写真を撮るのを忘れました。
その前に写した写真。
ツム
中心地の一等地にある老舗百貨店。
画像



聖ペトカ地下教会
地下道から、屋根だけを地表に突き出している半地下式の教会。
教会が建てられたのは、オスマン朝の治世下にあった14世紀。イスラム全盛の世にあって、このような形を採らざるを得なかったそうです。
画像



聖ソフィア像
スヴェタ・ネデリャ広場に立つソフィアのシンボル
画像



聖ネデリャ教会
スヴェタ・ネデリャ広場に建つ、丸屋根のブルガリア正教会。
画像



スヴェタ・ネデリャ広場に近くに、こんな家があった。↓
画像
ちょっと有名な家との事ですが具体的には何だか分かりません。


聖ゲオルギ教会
4世紀にローマ帝国によって建設されたレンガ造りの教会。現存するソフィア最古の教会。
画像

中に入っていきます。
画像

教会内は写真撮影禁止
壁や天井に宗教画が描かれていました。


聖ゲオルギ教会の背後には
ローマ時代の浴場跡
画像



その2に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年07月20日 20:24
こういう遺跡って何となく好きです♪
石や煉瓦やタイルなどが好きなんでしょうね(笑)
綺麗なのも良いけど、崩れてるのも良いです
地下教会の石垣のような建物も良い感じですね

毎月、旅行のパンフレットが送られてきます
ブルガリア・ルーマニアの旅ものってますが。。。ドラキュラのレストランで食事って書いてます(笑)
台湾は野柳を5年後には見れないかも!アピールしています
以前は無かったのに。。。

そしてドイツも私が行けなかったザバブルク城のレストランでランチとか。。。今までのワンパターンから路線が変わってきてます
何か悔しい(笑)
でも、ドイツはやっぱり個人で行きたい所へ旅したいと思います
2016年07月21日 07:14
とまるさんへ
この遺跡は道路から見えます。で、この先に半地下の教会があるので、発掘はここまでだったようです。

ドラキュラ・レストランと記載されているのが面白いです。私が参加したツアーでは単にレストランとしか記載されていませんでした、でもドラキュラ・レストランで食べました。
台湾の野柳が見れなくなるのですか。オーストラリアのエアーズ・ロックもアポリジニの聖地なので今後は登れなくなるという話が10年以上前にありましたが、今でも登れます。

ツアーは少しづつ変化させてお客を呼ぼうとしているのでは。