中国・広西チワン族自冶区の旅 (番外:龍勝のホテル)

番外編として、ツアーで利用した龍勝のホテルを記載します。
宿泊したのは旅行3日目(2012年8月6日)です。
ホテル名称は龍勝温泉中心酒店(Longsheng Hot-spring Vacation Focus)。


龍勝県の天然温泉地区に位置し、五つ星基準で建てられたホテルです。実際は4つ星。
山の中にあり、本館とSPA賓館に分かれています。また温泉池が多数あります。

画像
                                 外観(本館)

画像
                   ロビーにはチワン族の小太鼓、棚田の景色があります

   ロビーの左側にレセプション←ピンボケじゃ                   ロビーの右側
画像画像













ロビーはかなり広いです。


私たちは本館から歩いて4~5分ほどの離れた所にあるSPA賓館に泊まりました。
画像
                               SPA賓館の外観
写真では分かりにくいのですが、入ったフロアが5階。左下には川が流れていて川の麓が1階となっています。
SPA賓館に入ると、右側がサービス・カウンター、左にはイスとテーブルがありました。

私たちは5階の部屋でした。
部屋の全体はこんな感じです。
画像
左側にベッド、イス(ゆりかごタイプ)とテーブル。
右側はTV、テーブル、イス。

         部屋からの風景(左側)                         部屋からの風景(右側)
画像画像













部屋の様子。
画像
                            ベッド(狭くもなく広くもない)

画像
                              TV、テーブル、イス

画像
                            洗面所 右側はシャワー室

画像
                            トイレ 左側はシャワー室

画像
                       アメニティはたいした物はありませんでした

部屋には、エアコン、ドライヤー、TV(日本の番組は映りません)、スリッパ、冷蔵庫、バス・ローブ、電気ポット、体重計がありました。
無料のミネラル・ウオータ(ペット・ボトル)はありませんでした。

部屋に浴槽がありません。シャワーのみ。代わりに温泉に入る事が出来ます(水着着用)。

清潔で快適でした。夏に利用したにも関わらず山の中にあるためか涼しい。エアコンはOFFで寝ました。

あえて難点を言えば、部屋のカードー・キーが難しいこと
センサーにカード・キーを普通は接触させますよね。これでは開かない。
センサーから約1cm離して約1秒で開きます
最初はポーターさんが開けてくれた。食事に行くときにカメラを忘れたので部屋に戻るがドアが開かない。で、カード・キーを見たら英語と中国語で”センサーから約1cm離して約1秒”と書いてあった。
(英語も中国語も分からない人は困ってしまいますね)

 -------------------------------------------
本館とSPA賓館の間に関所?があります。
SPA賓館側に温泉池が多数あります。温泉は宿泊客以外も利用できるようで、本館に近い方にチケット売り場、更衣室、レンタル水着などがありました。
なので、SPA賓館の宿泊客は関所?でカード・キーを見せる必要があります。

画像
                                 温泉池の一つ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年02月01日 10:51
ブログがリニューアルされて過去記事を探しにくくなりましたね
先日、やっと見つけました(笑)
気持玉が復活してなかったら見つけるのに、もっと大変やったかもです

時どき部屋の鍵ってクセのあるものがありますね
私も開かないってなったことがります(笑)
部屋は良い感じですね

中国の温泉も水着を着て入るんですね
海外の温泉は経験がないので興味あります
いつかドイツで入るのを楽しみにしてるんです
masa-taka
2020年02月01日 17:40
とまるさんへ
ブログツールは旧バージョンの方が使いやすいと思います。
また、旧バージョンで作成したものを新バージョンで見ると見え方が異なるんですね。

カードキーはセンサーから約1cm離してかざす必要があります。最初開かなくて困りました。
部屋は快適でした。しいて言えばバスタブが無いのが難点です。

温泉で裸(水着なし)は日本だけのようです。台湾、アイスランド、トルコは水着着用でした。
2020年02月02日 16:34
私がドイツで見つけた2つは裸で入るところです
1つは係の案内順に従って入るようです
ブラシで体を洗ってもらうと更に値段が上がります
最後に毛布か何かにくるまって30分か休憩してコース終了って感じです(笑)
建物が素敵なので気にはなりますが。。。

もう1つの方は係の人の説明のあとは好きに入れるみたいですが、時間で金額が変わったと思います
そして女性限定日に行かないと混浴の浴槽がひとつあるみたいですね
masa-taka
2020年02月02日 17:37
とまるさんへ
ドイツに裸で入る温泉があるんですね。それも2店舗。初めて知りました。
混浴はかなりヤバイです。