フランス+フィンランド旅行記2日目その1  モン・サン・ミッシェルその1(@フランス)

●2日目(2008年2月7日)その1
本日は+αと表現した世界遺産 モン・サン・ミッシェル観光日。

実は、今回の旅行のメインはモン・サン・ミッシェル観光です。
1年前に悪夢ような事が発生して行けなかったので再チャレンジとなりました。
(過去ブログに記載しています。http://masa-taka.at.webry.info/200702/article_8.html
ちょっと余談ですが、1年前の時は雨が降っていました。今回の旅行で別な日に雨に降られた事がありましたが、初めて行く所で雨が降っていると地図を見ながら歩くのは大変であることを再実感しました。

現地発着ツアーの集合時間は7:15、出発時間は7:30。
滞在ホテルから集合場所までゆっくり歩いても約7分程度であるが、前日に6時起床、6:40分ホテル発で計画する。
(ホテルの朝食は7時からなので朝食抜きで出発し、ツアー集合場所までにサンドイッチ屋さんが数店あるのを昨日の下見で発見したのでここで購入して集合場所で食べるためにちょっと早く出発する事にした)


計画通り6:00に目覚ましで起床、6:40分にホテル発。残念ながらサンドイッチ屋さんは全て閉まっていました。6:50分頃にツアー集合場所に到着。念のために持参した食料(夜のお酒のつまみ)を食べる。
7:30バス出発。モン・サン・ミッシェルがあるフランス西海岸のノルマンディー地方南部・ブルターニュとの境に近いサン・マロ湾まで往復で約800km。フランスでは、1日の走行距離が500kmを超える場合は、運転手が複数必要との規則から2名の運転手でした。ガイドの他にアシスタント(新人?のわりには年齢が・・・)がいました。ツアー参加者は20~30人位。
8時すこし過ぎた頃(朝日が出る頃)から、すごい霧で前方は100m位しか見えませんでした。ガイドさんの話によると、この時期に霧が出ると、遠くからでもモン・サン・ミッシェルが良く見えるとの事。本当かな?と思ってしまいました。
パリを出てから約2時間後に約20分の休憩、ここで運転手が交替。その後、約2時間(計約4時間15分ちょい)、やっとその姿が見えてきました。ガイドさんの言っていた通り、綺麗に見えました。
画像
                   バスの車内から見えた光景

モン・サン・ミッシェル:フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院である。カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称されている。
見るからに堅固な外観は、修道院というより城か砦のようだ。実際、百年戦争中は島全体が英仏海峡に浮かぶ要塞の役目をしていた。また、ナポレオン1世の時代には牢獄として使用された。その後、再び修道院として復元された。

11時55分頃に到着。1年越しに見る実物に感激。
画像
                   バスを下車して間近に見た光景

画像
モン・サン=ミッシェルの入り口には今も百年戦争の時にイギリス軍が捨てていった大砲とその弾が残っている

画像
入り口から修道院へはGrande Rueという「大通り」とは名ばかりの狭い参道の開始地点

画像
                  狭い参道の両側にはレストラン、みやげ物屋がぎっしり

画像
                なぜか日本語(カタカナ)の店名が写っていました(右側の一番手前)

画像
                  昼食を食べたレストランの外観

画像
                  「モン・サン・ミッシェル」の名物料理といえば“オムレツ”
これで4人前。スプーンは普通サイズ(ティー・スプーンではありません)なので巨大さが解りますか?。
噂に聞いていた通り、ふあふあ食感のプレーン・オムレツ。食べている感覚もないくらい、口に入れるととろけてしまうオムレツでした。でも、お味はかなりの薄味……なので好みの分かれるところです。
私は塩を少々、コショウを適度にかけて食べました。はっきり言って、おいしいとは思わなかった。名物と言いながらたいした事はなかったので、ちょっと、がっかり。
食事はこの他にもう一皿(たぶん豚肉料理(というか厚切りのソーセージのような物でけっこう大きい)とポテト)とデザート(リンゴ入りアイスクリーム)と思いますが、それだけ印象が薄い食事でした。もちろん、ビールは頼みました。

画像
                  食事後、近くのみやげ物屋で購入したモン・サン・ミッシェルの模型
バスの中でガイドさんが修道院を一通り案内したら自由時間にするので個人でバスに戻って来て下さい。その時、来た道で帰っても良いし城壁を通って帰ってきても自由との事。
帰りは城壁を通る事に決めたので、みやげ屋を通らないので今しか購入するチャンスは無いので早々購入した。

ここでちょっとしたハプニング:(私でも同行者でもありません)食事後の集合で1名行方不明。アシスタントがレストランの中や近くのみやげ屋を捜したが何処にもいない。結果的に1名足りない人数で観光することになった。なお、ここでツアー参加人数が28名であることがわかった。ガイドとツアー客27名で観光開始。アシスタントは行方不明者を探すことになった。どうでもよい事ですが、ここまでアシスタントは説明等なにも行っていないので、やっと活躍の場となったようだ。

観光編はその2に記載します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年07月31日 23:00
今晩は。

私はモン・サン・ミッシェルへは、サン・マロでレンタカーを借りて行きました。
http://www.geocities.jp/silkroad_1044/Bretagne.html
http://4travel.jp/traveler/takahide14/album/10039813/
ポントルソンに泊まって夜景を見に行ったのですが、オムレツはあまりの高さに食べませんでした。
会社の同僚が立て続けに行ってきたので、最近のお昼はその話題ばかりです。
2008年08月02日 08:37
ライトアップされたモン・サン・ミッシェル良いですね。
実物を見たくなります。