たまには更新するか  masa-taka

アクセスカウンタ

zoom RSS 近くの公民館のコンサートに行ってきました

<<   作成日時 : 2018/06/23 14:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2018年6月22(金)に近くの公民館で無料のコンサートがあったので行ってきました。
今回はポップスです。
画像
                               開催案内
上の写真の3名のグループ。
左から、ボーカル、ボーカル、ギター。
 なお、ギターの方はプロ・ミュージシャン。

下の写真はバック・バンド。
左から、ピアノ(プロ・ミュージシャン)、パーカッション:カホン、ベース(プロ・ミュージシャン)、ドラム、竹笛:パンフルート&テナーサックス。

演奏曲名 (歌手:曲名の順で記載)
第1部 アコースティックス・ステージ
1.ジャーニー:Don't stop believin'
2.ボン・ジョヴィ:Livin' on prayer
3.ONE ON ROCK:Wherever you  are  ←森進一の息子がいるグループ
4.安全地帯(玉置浩二):ワインレッドの心
5.沖縄民謡:童神
6.ケリー・クラークソン:Justm missed the train
7.嵐:Guts!
8.(オリジナル曲):I Free That

*5曲目は竹笛(パンフルート)が加わる。
*8曲目はブルース風の曲。

画像
                              演奏風景:基本構成
              (左から、ピアノ、ボーカル、ボーカル、パーカッション(カホン)、ギター)

画像
                           6曲目では女性がギターも弾く

(休憩15分)

第2部 エレクトリック・ステージ
1.?:Wings ←インストメンタル
2.マイケル・ジャクソン:Beat it
3.(オリジナル曲):時の扉
4.(オリジナル曲):時を超えて
5.キアラ・セトル:This is me
6.玉置浩二:カリント工場の煙突の上に
7.?:ハピネス
8.UKジャズ・ファンク・グループ:Down to the bone

*1曲目、8曲目はテナーサックスが加わる。
*3曲目は親しみやすい曲。
*4曲目はややブルース風の曲。
*6曲目は竹笛(パンフルート)が加わる。

*8曲目はクラシック的に言えばカデンツァ(即興演奏)がギター、ピアノ、ドラム、ベースでありました。
画像
                              演奏風景:基本構成
              (左から、電子ピアノ、ボーカル、ボーカル、 ベース、ギター、ドラム)
前3名:男はベストが第1部とは違っています、女性は上下ともお色直し。

画像
                     右側の手前:竹笛(パンフルート)が加わる

画像
                        右側の手前:テナーサックスが加わる

アkンコールはありませんでした、その代わりにカーテンコール。
画像


歌、演奏共レベルが高いと思いました(プロ・ミュージシャンもいる)

ギターの方はアコースティック・ギター・デュオの活動もしている。そのCDを販売していた。
竹笛:パンフルート&テナーサックスの方はプロアマ混合のビッグバンドのコンサートマスターを行っている(ベース、女性ボーカルの方も参加している)。その演奏会のチケットを販売していた。
ピアノの方はゴスペル・ソング界では有名らしい。ゴスペルソング・コンサートのチケットを販売していた。
私は何も購入せず。

演奏時間は2時間3分(休憩15分を含む)

初めて聞いた曲が結構ありましたが楽しめました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
またまたコンサートに行かれたんですね
良いですねぇ♪
お金を払ってってなると自分の好きなものだけになるので、無料で色いろ楽しめるのは羨ましいです
色んな曲があっていいですねぇ〜
竹笛も素敵な音色でしょう
とまる 
2018/06/23 22:33
とまるさんへ
無料で色んなものが聞けれるが良いです。毎回楽しみにしています。
今回の曲は半分位が初めて聞きました。

竹笛の音色が良かったです。自作の竹笛です、それも竹を取りに行くところから始まるとの事。
なお、竹笛&テナーサックスの方は回文師&回文挿絵画家が本職のようです。
回文とは”竹藪焼けた”のように上から読んでも、下から読んでも同じになる文。
その方は一つ披露していました”トーサン コxxxxx コンサート”xxxxは忘れました。なお、本を出版しているので会場で販売していました。
masa-taka
2018/06/24 08:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
近くの公民館のコンサートに行ってきました  たまには更新するか  masa-taka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる