たまには更新するか  masa-taka

アクセスカウンタ

zoom RSS ラグビー観戦しました(12月9日)

<<   作成日時 : 2017/12/10 12:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年12月9日(土)東京・秩父宮ラグビー場にてトップ・リーグ第11節を観戦しました。

第1試合 NEC vs サントリー
画像
ホワイト・カンファレンスで勝点21で4位のNECとレッド・カンファレンスで勝点43で首位のサントリーとの対戦。

画像
                         試合開始前のNECの円陣
NECはグリーンを基調としたユニフォームなのに、この日は2ndの青(サントリーは黄色なのでかぶっていない、不思議だ)

画像
                         試合開始前のサントリーの円陣

試合風景↓
画像
                           サントリー(左)の攻撃

画像
                        サントリー(左)ボールのラインアウト

画像
                            NEC(左)の攻撃

画像
                         NEC(左)ボールのラインアウト

前半の得点経過
3分、サントリーの危険なプレーでシンビン(10分間の一時退場)
9分、NECがサントリーのパスをインターセプトするがノックオン。このプレーが故意にボールを叩いたのでシンビン(10分間の一時退場)←片手でボールに触ったので故意と判断された。もし両手ならノックオン。
なお、これはTMO判定であった。
このプレイでサントリーの認定トライで0−7。
(なお、この時点で14名−14名のプレイとなる)
20分、NECがPGを決める、3−7。
23分、サントリーがPGを決める、3−10。
30分、サントリーがPGを決める、3−13。
36分、サントリーが敵陣ゴール前5mのラインアウトからモール→ラックからのパス。
    パスされた選手がトライ、ゴールも決まり3−20。
ラスト1プレイのホーンが鳴った時はNECが敵陣に1m入った所で攻撃中、しかしノックオンで終了。
画像
前半終了。20−3でサントリーがリード。

後半の得点経過。
6分、NECが自陣のセンターラインから12m近辺からのスクラムからパスを繋いで中央トライ、ゴールも決まり
   10−20。
14分、NECがPGを決める、13−20。
28分、サントリーがPGを決める、13−23。
30分、NECが敵陣に5m位進んだ所でノックオン。そのボールをサントリーが左側のゴール前から右側にキックパス。キックパスを撮った選手がパスをしてトライ。ゴールは失敗で13−28。
38分頃、サントリーが敵陣ゴール前22m近辺のラインアウトからキックされたボールをサントリーの選手がインゴールで抑える。しかしTMO判定でノックオンとなりトライにならず。
ラスト1プレイのホーンが鳴った時はNECが自陣でキープ。NECは敵陣ゴール前10m近辺まで進める。この時にサントリーが反則。NECは敵陣ゴール5mのラインアウト、しかしボールはサントリが確保、ボールを外に蹴って終了。
画像
試合終了28−13でサントリーが勝利。
勝ったサントリーは勝点4を得て計47、レッド・カンファレンスで首位をキープ。負けたNECは勝点を得ることが出来ず21のまま、ホワイト・カンファレンスの順位も4位のまま。


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第2試合 NTTコミュニケーションズ(以下NTTコムと略す) vs キヤノン
画像
レッド・カンファレンスで勝点25で5位のNTTコムとホワイト・カンファレスで勝点18で5位のキヤノンとの対戦。

画像
                         試合開始前のNTTコムの円陣

画像
                         試合開始前のキヤノンの円陣

試合風景↓
画像
                           NTTコム(右)の攻撃

画像
                        NTTコム(右)ボールのラインアウト

画像
                          キヤノン(左)ボールのラインアウト

画像
                            キヤノン(左)の攻撃                       

前半の得点経過。
11分頃、NTTコムのハイパントをキヤノンが確保してパスからキックでキヤノンの選手がインゴールで抑える。
ここでTMO判定。判定結果はボールを抑える前にラインを踏んでいるのでトライは認められず。
18分、キヤノンがPGを決める、0−3。
33分、キヤノンの選手がが危険なタックルでシンビン(10分間の一時退場)
    プロレスのラリアットの様なタックル。NTTコムの選手が崩れ落ちた。
    TMO判定で放映された映像ではキヤノンの選手の肩がNTTコムの選手の顎にヒット。
ラスト1プレイのホーンが鳴った時はキヤノン・ボールのスクラム開始前。で、すぐに外に蹴って終了。
画像
前半終了。3−0でキヤノンがリード。

後半の得点経過。
15分、NTTコムがPGを決める、3−3。
27分、NTTコムが敵陣ゴール前26m近辺からのスクラムからパス、キック、キックでキックした選手がインゴールで抑えてトライ、ゴールは失敗で8−3。
30分頃、キヤノンのキックオフ・ボールをキヤノンが確保。ここから攻めてトライ?。TMO判定でグランディングする前にタッチラインを踏んでいるのでトライは認められず。
ラスト1プレイのホーンが鳴った時はNTTコムが敵陣でボールを確保。すぐに外に蹴って終了。
画像
試合終了。8−3でNTTコムが勝利。
勝ったNTTコムは勝点4を得て計29となりレッド・カンファレンスで暫定4位に浮上(他の試合結果で5位のままの可能性あり)。7点差以内で負けたキヤノンは勝点1を得て計19となるがホワイト・カンファレンスの順位は5位のまま。

両チームの得点が1桁台は珍しいです。

NEC、サントリー、NTTコム、キヤノンの4チームは各カンファレンスの6位以内が決定したので来季もトップ・リーグで試合を行う事が決定。
なお、サントリーはレッド・カンファレンスで2位以内が決定したため日本選手権の出場が決定した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラグビー観戦しました(12月9日)  たまには更新するか  masa-taka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる