たまには更新するか  masa-taka

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌舞伎を観に行きました(9月12日)

<<   作成日時 : 2017/09/13 17:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年9月12日(火)東京・銀座にある歌舞伎座で歌舞伎を観ました。
歌舞伎を観るのがマイ・ブームになっております。
画像
                               歌舞伎座外観

画像
                                チケット半券
1等席で前から3列目ですが右端の席です(実際には右に通路があり、その右に一番高価な桟敷席があります)

舞台は近いのですが、花道が遠いので双眼鏡を持っていきました。
私の席から真直ぐを見ると、この様に見えます↓
画像
                     一番右は幕の様に見えますが上手の端です

画像
                        今回の演目と俳優(観たのは昼の部)

演目概略↓(画像をクリックすると読めます)
画像


画像
イヤホンガイドを借りました(700円、保証金1,000円)
歌舞伎では現在使用していない言葉が出てきます。
例えば、早桶を用意・・・。ここでイヤホンガイドでは早桶(はやおけ)とは棺桶(かんおけ)の事と説明してくれます。

踊りでは何を表現しているか。
長唄ではその意味の解説があるので凄く分かりやすいです。

11時0分から”毛谷村”が開始。
・虚無僧姿(女)のお園と六輔が許嫁の仲を判るとお互いに驚く。その後、お園のしぐさが急に女性らしくなる。←女形の俳優(尾上菊之助)の演技が上手いと思いました。
12時17分に”毛谷村”が終了。

事前に地下の木挽町広場で購入した弁当を席で食べる:幕間30分。
今回は弁当屋の弁当ではなく、コンビニ弁当にしました。
画像
                    セブンイレブン 和風幕の内弁当(税込500円)

画像
左:ご飯とゴマ、梅干。
右上:左から、人参ごぼうきんぴら、ごま入りピリ辛こんにゃく煮、昆布佃煮ごま和え。
右中:左から、海老天(小さく見えますが、弁当箱の下側までありました)、鶏照り焼き、玉子焼き。
右下:左から、焼鮭、煮物(人参、がんもどき、さつまいも)

なお、お茶は自宅の2Lのペットボトル13から500mlのペットボトルに移し替えた物を持参。

12時47分から”道行旅路の嫁入”、13時20分に終了。幕間19分。

13時39分から”幡随長兵衛”、15時12分に終了。
役者の中村吉右衛門(役名は幡随院長兵衛)が客席の通路から登場して舞台に上がった事に驚きました。これは劇中劇(歌舞伎中歌舞伎)なので、歌舞伎の観客の設定なので。
なお、かなりの人と握手をしておりました。人間国宝と握手出来た人はラッキーですね。
また、別な俳優3名(チラシに記載されていない俳優です)が別な観客席の通路から舞台に上がりました。これは同じく長兵衛の子分で観客の設定。

中村吉右衛門の湯殿での立ち回り、水野十郎左衛門(役者は市川染五郎)にうたい上げるタンカが良かったです。


また、いつか歌舞伎を観たいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌舞伎を観に行きました(9月12日)  たまには更新するか  masa-taka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる