たまには更新するか  masa-taka

アクセスカウンタ

zoom RSS 山陽地方一人旅 3日目その6 西國寺、西郷寺など(尾道@広島県)

<<   作成日時 : 2017/05/02 17:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

●3日目(2017年4月12日)その6
尾道市内観光の続きです。

西國寺(さいこくじ)
天平年中(729〜749)、行基菩薩創建と伝えられる真言宗醍醐派の大本山。
画像
                                 金堂

画像
                                袴腰鐘楼

画像
                             出坊(僧が住む所)

画像
                               本坊(本堂)

画像
                           青銅大不動明王像と不動堂 

三重塔があるので、行ってみようとしたら↓
画像


しょうがないので不動堂近辺から                           
画像
                                三重塔

この後に別なお寺を見ていますが、それは後程記載します。
画像
                                 水盤

画像
                              山門(仁王門)
出てから振り返って撮影したもの。
(前の記事の大山寺から近道で来たために山門が最後になりました)
巨大な草履です。2mを超えるそうです。

山門には室町末期作の2体の仁王像が安置されています。
             左                                       右
画像画像













(ピントが上手く合いませんでした)


西國寺から山門までにあった物が下記の2つ。
金剛院(こんごういん)
西國寺の再興の傑僧・慶鑁(けいばん)の開基と伝えられています。真言宗のお寺。
画像


画像
境内の裏には石で作られた天狗の顔(重軽天狗)があり、これを願いをかけながら持ち上げ、軽く持ち上げることができると願いがかなうという言い伝えがあります。

持善院(じぜんいん)
西國寺の再興の傑僧・慶鑁(けいばん)の開基と伝えられています。真言宗のお寺。
画像

画像

画像


西郷寺(さいごうじ)
鎌倉時代末期の正慶年間、遊行六代一鎮によって開かれたと伝えられています。当時は「西江寺」と称されていました。時宗のお寺。
画像
                                 山門
貞治年中(1362〜68年)の南北朝時代に造られたもので重要文化財である。

画像
                                 本堂
本堂は文和2年(1353年の南北朝時代に発願され、時宗最古式の本堂。重要文化財。

画像
                                 鐘楼

画像
                                鎮守社      

西郷四郎之像(さいごうしろうのぞう)
姿三四郎のモデルとなった西郷四郎の像。
画像

画像

画像
                        

その7に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今度はお寺ですか(笑)
袴腰鐘楼ですね
そんなに珍しくないんでしょうか
お寺や神社に行かないので全然解らないですが。。。
尾道には神社やお寺が沢山あるんですね
とまる
2017/05/03 01:40
とまるさんへ
袴腰鐘楼は珍しいです。多分、尾道で見たのが初めての様な気がします。
尾道は神社とお寺が沢山あります。
masa-taka
2017/05/03 15:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
山陽地方一人旅 3日目その6 西國寺、西郷寺など(尾道@広島県) たまには更新するか  masa-taka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる