たまには更新するか  masa-taka

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリア旅行 6日目その4 アッピア旧街道など(@ローマ)

<<   作成日時 : 2017/04/03 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

●6日目(2017年3月6日)その4
ローマ市内観光の続きです。

チルコ・マッシモ
長さ620m、幅120mの巨大競技場。収容人数は15万人〜30万人。
ここでは、馬の引く戦車競技や運動競技が行われた。
画像
                               (車窓)
その1にも記載したが、こちらの方が競技場の雰囲気がありますね。

セヴェリアーナ宮殿
パラティーノの丘にある皇帝セヴェリアーナの宮殿
画像
                                (車窓)

サン・パオロ門(オスティエンセ門)
サン・パオロ門は古代ローマ時代の城壁であるアウレリアヌス城壁に設けられた城門。
古代ローマ時代にはオスティエンセ街道の起点のオスティエンセ門と呼ばれていた。
画像
                                (車窓)

ピラミデ
紀元前18年から12年の間に建造されたもので、古代ローマの執政官、法務官を務めていたガイウス・ケスティウス・エプロの墓である。
画像
                                (車窓)

水道橋
ローマ時代の水道橋。
画像
                                (車窓)


アウレリアヌス城壁
3世紀にローマに建築された都市の城壁。
画像
                                (車窓)

これからアッピア旧街道に行きます。
「すべての道はローマに通ず」という諺がありますが、このアッピア旧街道もそのひとつの道。
起点は↓
サン・セバスティアーノ門(アッピア門)
古代ローマ時代の城壁であるアウレリアヌス城壁に設けられた城門である。
アウレリアヌス城壁にある門の中で最大の規模を誇り、現在でも最も良い状態で保存されている門である。
紀元275年頃、建造。

アッピア街道を通過させるために造られた門であったため、古代ローマ時代にはアッピア門と呼ばれていた。
画像
                               (車窓)
写真の手前から奥に行くと古代ローマの都市になります。

バスは少し走ってから下車。アッピア旧街道を散策します。
サン・セバスティアーノ聖堂とカタコンベ
ローマの7大 聖堂のひとつです。地下がカタコンベ(墓)。
画像



マクセンティウス帝の競技場
マクセンティウス帝の四分統治時代(306年〜312年)に建築された。
古代ローマで戦車競走が行われた競技場。
画像


アッピア旧街道の道路
画像
                     これは古代ローマ時代の道路ではありません

チェチーリア・メッテラの墓
大きな円筒形の墓でアッピア旧街道で一番有名な遺跡。
墓の主はローマ最高貴族の娘で、三頭政治を成立させたクラックスの長男と結婚したといわれているテチーリア・メッテラ。
直径20mの円形の墓であったが、14世紀に城壁として利用したため上部に城部分が付け加えられた。
画像


約500年前に追加した屋敷↓
画像


古代ローマ時代の道路
画像
         2400年前の古代ローマ時代(日本で言えば弥生時代)の道路が少しだけ残っています

戻ります。
チェチーリア・メッテラの墓の対面近辺に
ニコラ教会?
画像

画像


ツアーバスが待っている所に、こんな物があった↓
画像



そして水飲み場も↓
画像



これでアッピア旧街道の散策は終了です。

ツアーバスに乗って、再び
サン・セバスティアーノ門(アッピア門)
画像
                                (車窓)

ラテラノ宮殿とサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂
ラテラノ宮殿は、ローマ帝国時代の宮殿で、後にローマ教皇が住んでいた宮殿。
サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂に隣接し、現在は博物館になっている

サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂はローマの四大バシリカ(古代ローマ様式の大聖堂)の一つに数えられる

画像
                                (車窓)
左の茶色の建物がラテラノ宮殿、隣接するのはサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂

こちらもサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂↓
画像
                                (車窓)

サン・ジョバンニ門
サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂の近くにあるローマ時代の門。
画像
                                (車窓)

この門の右側(城壁)↓
画像


サン・ジョバンニ門から城壁の外に出て、近くのレストランにて
13時40分頃から昼食(夕食は20時45分発の飛行機の機内食になるため遅めの昼食)←別途記載。

14時40分頃(?)ツアー・バス出発。
順調にスケジュールをこなしたので、空港に早く着きすぎるため寄り道をすることになりました。
15時2分頃、共和国広場の近くでバス停車。
下車して
ナイアディの噴水
画像


サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会
画像
                       ナイアディの噴水も写っています

ローマ三越にて15時5分に一時解散。集合はローマ三越の地下に16時0分。

どっかに行こうかなと思ったがスペイン広場やトレヴィの泉は約2km離れているのでローマ三越の地下で休憩していました。ここは水およびお湯の装置があるのと椅子もあるので休憩には最適です。
ローマ三越の地下に”真実の口”のニセモノがあります。←記念写真を撮ってきました。

16時過ぎにローマ三越から出て少し歩く(軽く雨が降っていました)、ツアーバスは16時9分に出発。
16時54分にローマ・フィウミチーノ空港に到着。

*今日の観光ではフォオ・ロマーノの観光がありましたが、コロッセオの入場観光とアッピア旧街道を散策するレアと言うかマニアックなコースだと思いました。

*ローマで更に1泊あるとヴァチカン市やスペイン広場やトレヴィの泉などのローマ市内観光が出来るんだけどなぁと思ってしまいました。
まぁ、これは次の機会ですね。いつになるやら。


その5に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
レスピーギ「ローマの松」のアッピア街道ですね。
Nyanta
2017/04/03 22:16
Nyantaさんへ
レスピーギの「ローマの松」の第4曲目の街道です。
アッピア旧街道は新しいアッピア街道が1784年に旧道に平行して敷設されたため、前からある街道はアッピア旧街道とも呼ばれています。
レスピーギが作曲したのは旧街道の方です。
masa-taka
2017/04/04 08:14
ローマ時代のものが沢山あるんですね
凄いなぁ〜
競技場も広大ですね

お墓が城壁になって城まで造ってしまったとは。。。ビックリ
良いのか悪いのか(笑)

ローマであと1泊あれば。。。っていうmasa-takaさんの案は賛成です
普通ローマに行くならローマ市内観光がありますもんね(笑)
とまる
2017/04/04 21:17
とまるさんへ
ローマは遺跡の宝庫だと感じました。

お墓に城壁、更にその隣に屋敷まで造る発想が日本人ならあり得ないですね。

このツアーに申し込みした時に更にローマで1泊あれば良いと思いました。ローマ市内観光はその内に行いたいと思います。
masa-taka
2017/04/05 08:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタリア旅行 6日目その4 アッピア旧街道など(@ローマ)  たまには更新するか  masa-taka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる