たまには更新するか  masa-taka

アクセスカウンタ

zoom RSS 山陽地方一人旅 3日目その3 文学のこみち、千光寺(尾道@広島県)

<<   作成日時 : 2017/04/29 17:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

●3日目(2017年4月12日)その3
尾道市内観光の続きです。

ロープウェイ山頂駅から下って行きます。
文学のこみち
尾道ゆかりの25名の作家や詩人の詩や短歌、俳句、小説の断片等を千光寺山山頂から中腹にかけて点在する自然石に刻み、それぞれに解説板が設置されている。
画像
                       入口には「文学のこみち」と刻まれた天然石

画像
                         一部の実物の写真を展示している

徳冨 蘇峯(とくとみ そほう)
画像

画像


前田 曙山(まえだ しょざん)
画像

画像


正岡 子規(まさおか しき)
画像

画像


物外(もつがい)
画像

画像


十辺舎 一九(じっぺんしゃ いっく)
画像

画像


金田一 京助(きんだいち きょうすけ)
画像

画像


江見 水蔭(えみ すいいん)
画像

画像


林 芙美子(はやし ふみこ)
画像

画像


緒方 洪庵(おがた こうあん)
画像

画像


巌谷 小波(いわや さざなみ)
画像

画像


山口 玄洞(やまぐち げんどう)
画像

画像


この先は、千光寺となりますが(千光寺と”文学のこみち”が入り乱れる)、千光寺は後程記載。
”文学のこみち”を続けます。

竹田・竹下・伯秀(ちくでん・ちっか・はくしゅう)
画像

画像


河東 碧梧桐(かわひがし へきごとう)
画像

画像

松尾 芭蕉(まつお ばしょう)
画像

画像


中村 憲吉(なかむら けんきち)
画像

画像


”文学のこみち”は未だありますが、これからは上りとなります(ロープウェイ山頂駅に向かう)。

私は坂道を下るので”文学のこみち”はこれで終りです。


千光寺(せんこうじ)
大同元年(806年)創建、真言宗のお寺。

岩屋観音
画像


大師堂
ほぼ中央の光っている所に弘法大師尊像があります。写真は撮ってはダメと言われましたのでありません。
画像


鐘楼
竜宮城のような形ですね。
環境庁の選定した「日本の音風景百選」の一つに選ばれています。

画像


撫松庵
頼山陽が命名したものとして世に知られ。古くから頼山陽を始め田能村竹田など知名の風流人士、文人墨客の憩いの部屋として慣れ親しまれてきた建物。
画像


梵字岩
徳川五代将軍綱吉公の帰依僧、東京の霊雲寺開基、浄厳大和尚当地へ御留錫の砌、書き遺されたものなりと云う。
円形の中に光明真言、大日如来真言の梵字が刻まれており光明真言曼荼羅である。
画像


護摩堂
本尊は不動明王で、脇侍に阿弥陀如来、地蔵菩薩がまつられています。
画像


本堂
俗に赤堂と呼ばれる。
本尊は千手観世音菩薩。尾道を大火から守ったと伝わり、俗に火伏せの観音とも称されています。
画像


三重岩
画像

(後で見た時に分かるように看板を撮った、その後に岩全体を撮るのを忘れました)
で、ネットで検索して↓
画像
                           (Wikipediaより借用しました)

夫婦岩
この岩の前で二人が愛を誓うと願いが叶うといわれています。
画像


くさり山
「鎖で岩 を登って修行・参拝する」という場所です。.
画像


三十三観音堂
観世音菩薩33体が祀られています。
画像


磨崖仏
岩壁に直接彫られた仏像。
画像


毘沙門堂
本尊は毘沙門天(七福神の一人、商売繁盛)。他に脇士禅尼師童子、吉祥天女があります。
画像


千光寺はこれで終りです。

その4に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
正岡子規と林芙美子と松尾芭蕉しか知りません

鐘楼と毘沙門堂が良い感じですね
やっぱり桜があると美しいですね

もう、昨夜ですね(笑)
友人と9月の海外ツアーの申し込みをしました
最低遂行人数が20名なので、遂行決定されたら行きます
されなかったら他の日程では駄目なんで中止です
とまる
2017/04/30 01:58
とまるさんへ
私も知っている人はほぼ同じですが、金田一 京助の名前は知っています。

私は鐘楼が一番良いと思いました。
本堂の前が階段通路になっているので横から撮るしかなかったです。
桜があると綺麗です。

ツアーの最低催行人数が20名は多いですね。ツアーに行ける事を願っています。
masa-taka
2017/04/30 08:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
山陽地方一人旅 3日目その3 文学のこみち、千光寺(尾道@広島県) たまには更新するか  masa-taka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる