たまには更新するか  masa-taka

アクセスカウンタ

zoom RSS 山陽地方一人旅 1日目その3 てつのくじら館(呉@広島県)

<<   作成日時 : 2017/04/18 17:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

●1日目(2017年4月10日)その3
呉市内観光の続きです。

呉市美術館から歩いてやって来た所は
てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)


画像
                           潜水艦「あさしお」
潜水艦の一部を公開しています。

画像
                          後ろの建物が展示会場

中に入ります。
1階:海上自衛隊の歴史
海上自衛隊の任務と歴史を紹介している。
館内に入ってすぐの場所はちょっとした広場になっている。そこに巨大なパネルが二枚展示されている。
入ってすぐ正面が現在の海上自衛隊の任務を紹介したパネル、右手側が呉と旧海軍、そして戦後の海上自衛隊の歴史について解説したパネルとなっている
画像
入ってすぐ正面が「海にかける使命 海を守る熱き思い」と題された海上自衛隊の任務を紹介したパネル

画像
右手側が呉と旧海軍、そして戦後の海上自衛隊の歴史について解説したパネルとなっている。

一番最後に通る所にミュージアムショップとカフェがありました。

2階:掃海艇の活躍
戦後日本の復興を陰から支えた航路啓開活動から、湾岸の夜明け作戦における国際貢献まで、掃海部隊の活動を紹介しています。

掃海のあゆみ
画像

画像

画像


機雷の種類と技術
画像

画像
奥の丸い形はペルシャ湾で掃討した機雷として、アメリカ軍から贈られた機雷。これはイラク軍が敷設した触発機雷「LUGM-145」というもの。
手前の物は良く分かりませンん。

画像

画像
               左:イタリア製のManta機雷         右:ロシア製のUdm機雷

画像
               左:自衛隊の70式機雷     右:自衛隊の3式2号航空機雷1型

掃海艇による掃海
画像
                          掃海作業の様子のパネル
                     掃海時に隊員が身につける破片防止用のベスト

画像
                    自衛隊の機雷処分具および掃討具のパネル

画像
               処分具S-4の実物。ペルシャ湾での掃海活動などで用いられたもの。

掃海艇甲板再現
二階の奥側には掃海艇の後甲板が模式的に再現されていて、そこに20ミリ機関砲や処分具などが、実際の掃海艇に準じた配置で展示されている。
画像



画像

画像



画像

画像



画像

画像


画像


国際貢献
画像
ペルシャ湾での掃海活動「湾岸の夜明け作戦」に従事した海上自衛隊の姿について、当時の様子を捉えた数々の写真。

3階:潜水艦の活躍
潜水艦の活躍を、その歴史と技術、乗員たちの生活など、さまざまな角度から紹介している。

画像

画像
海自潜水艦第一号の「くろしお」に関するパネル。アメリカ海軍のガトー級潜水艦ミンゴが供与され「くろしお」となった。

潜水艦内生活
画像
                三段ベッド(一般兵)。上段は天井まで40cmしかないそうです。

画像
                              食事内容サンプル
          朝食は無いように見えますが、左奥の牛乳、パンなど、ウインナーなど が朝食です。

対潜水艦戦
画像

画像



いよいよ潜水艦「あさしお」に入ります。
潜水艦「あさしお」
艦の中央部から「乗艦」し、艦の前方の発令所周辺まで見ることが出来るようになっている。
それ以外は見学出来ない。

画像
                             トイレ        シャワー

画像
                                通路

画像
                士官寝室。一般兵の寝室より優遇されているが、やはり狭い。

画像
                 士官公室。食事を取ったり、非番の際には余暇を過ごす場所。
         テーブルの上には応急呼吸装置装置(左)とスタンキーフード・個人脱出用救命胴衣(右)。

発令所の所は撮影禁止
潜望鏡を覗く事が出来ます。


いたる所に案内ボランティアがおります。私も2つほど質問しました。たぶん、全員が海上自衛隊OBですね。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
入場無料


入手したパンフレット
画像

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

機雷除去はペルシャ湾の事を思い出しましたが、戦後すぐから行っていたことを初めて知りました。
また、潜水艦の中に入る貴重な経験も良かったです。(実はこれが2回目。10年以上前にロシアのウラジオストックで潜水艦の中に入りました)

その4に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
無料で、こんなのが見れるんですね
海上自衛隊の方達の功績は大きいですよね

機雷は。。。ちょっと怖いです
潜水艦の中が見れるんですか
貴重な体験になるかもしれませんね
masa-takaさんはロシアでも中に入ったんですか
凄いですね
とまる
2017/04/19 20:08
とまるさんへ
無料ですので呉に行った時は必見です。駅からすぐの所にあります。
機雷の除去で自衛隊の功績は大いいです。

機雷の展示があったのは驚きでした。
潜水艦の中に入れるのは貴重な体験です。
ロシアでも潜水艦の中に入りましたよ。
masa-taka
2017/04/20 08:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
山陽地方一人旅 1日目その3 てつのくじら館(呉@広島県) たまには更新するか  masa-taka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる