たまには更新するか  masa-taka

アクセスカウンタ

zoom RSS 山陽地方一人旅 1日目その1 入船山記念館など その1(呉@広島県)

<<   作成日時 : 2017/04/16 17:45   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

●1日目(2017年4月10日)その1
本日の予定は羽田空港から広島空港へ。その後、呉市に移動して観光。呉から広島市へ移動して宿泊。

5時55分頃、自宅を出発。歩いて地元の駅の指定の喫煙所でタバコを一服。
羽田空港行のリムジン・バス乗り場に6時2分頃到着。
予約していた6時10分発のバスに乗り(実際は6時15分出発)、羽田空港には7分遅れの7時22分に到着。
画像
                       羽田空港 第2ターミナル A、Bゾーン
荷物を預け(自動機を初めて使用した)、保安検査完了が7時26分。保安検査を出た所が出発ゲートであった。
タバコを吸って、あとは出発まで休憩。

画像
8時15分発 全日空 ANA673便にて羽田空港から広島空港へ

画像
席は通称お見合い席(緊急時の援助義務あり)を事前に確保した。
足元が広いので楽です(帰りはお見合い席を確保出来なかった、それでも少し足元が広い席を確保)

途中、コーヒーを頂く。↓
画像


広島空港のゲート着が1分遅れの9時41分。
私の荷物を取って、広島駅へのバス乗車券を購入。広島は寒いです。セーターを着る。
10時5分、空港発。広島駅(新幹線駅)に10時50分着。
地下道を通って在来線に行くが、ビジネス・ホテルまでの道が分からないので観光案内所に寄って、持っていた地図を見せて行き方を教えて貰う。
11時5分、宿泊するビジネス・ホテルに到着。チェックインは未だなので荷物を預かって貰う。
トイレを借りて、11時10分ホテル出発。広島駅へ行く

11時16分、呉方面のホームに11時16分到着。
画像
11時30分発の電車(快速)で呉へ。

画像
12時4分、呉に到着。

駅前のレストランで昼食。←別途、記載。
レストランの外に出たら雨が降っていた。
これから徒歩観光なので、予報通りとはいえ雨が降って憂鬱です。

入船山記念館
旧呉鎮守府司令長官官舎(国重要文化財)を中心に、郷土館、歴史民俗資料館などが点在している。

旧呉鎮守府司令長官官舎
国重要文化財。
入船山記念館の本館にあたる。
明治22年(1889)年に呉鎮守府が開庁、その翌年に洋風木造総2階建ての群生会議所謙水交社がこの地に建てられ、同25年からは長官官舎として利用された。
しかし、明治38(1905)年の芸予地震により倒壊してしたため、同年、その廃材の一部を利用して現在の建物に建て替えられた。
平成3(1991)年から平成7(1995)年にかけて大規模補修をおこなっている。
画像
                                 外観
和洋折衷であり、手前が洋館、廊下でつながった奥が和館となっている。

見学者は別な所から入ります。
入口は炊事場。
炊事場
画像

画像
                                カマド跡

茶間
画像


内玄関
画像


使用人室
画像


次から洋館部となります。
洋館部の壁紙についての説明↓
画像

画像


広間
画像

画像



画像


応接所
画像
               家具は全てイギリス製、18世紀のジョージアン時代のリヴァイバル

玄関ドアとステンドグラス
画像
                  玄関ドアのすりガラスには錨と桜の模様が入っています
             玄関ドアの両側と上部のステンドグラスはイギリス製と言われています

客室
画像


食堂
画像


次から和館部となります。
座敷
画像
                                奥南八畳

画像
                          欄間の模様の良いです

画像
                                奥十畳

一番奥に
離れ座敷
画像



これは修復の過程で発見されたもの(奥六畳にあった)
画像

画像
文化財保存の原則に原則に従い、上記写真の矢印部分へ戻した。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
入所したパンフレット等
画像
                                 配置図など


画像

画像
                        旧呉鎮守府司令長官官舎の歩み


画像

画像
                             洋館部の説明その1

画像

画像
                             洋館部の説明その2

画像

画像
                               和館部の説明

(画像をクリックすると読めると思います)
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

旧呉鎮守府司令長官官舎はこれで終りです。

その2に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
入船山記念館は和洋に分かれてる建物なんですね
和室も広いなぁ〜
欄干の模様がいいですね

洋館の方は、とっても素敵
玄関のドアのガラスやステンドグラスが良いです
桜があしらわれていているんですね
家具や壁紙、床や天井もとっても素敵です♪
とまる
2017/04/18 12:59
とまるさんへ
入船山記念館は色んな建物の総称です。
旧呉鎮守府司令長官官舎は前側は洋館、後側は和館になっていて凄く広い屋敷です。
洋館のドア・ガラス、ステンドグラス、イスなどの家具はイギリス製です。
国重要文化財にふさわしい建物だと感じました。
masa-taka
2017/04/18 17:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
山陽地方一人旅 1日目その1 入船山記念館など その1(呉@広島県) たまには更新するか  masa-taka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる