たまには更新するか  masa-taka

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリア旅行 6日目その3 フォオ・ロマーノなど(@ローマ)

<<   作成日時 : 2017/04/01 12:48   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

●6日目(2017年3月6日)その3
ローマ市内観光の続きです。

フォオ・ロマーノ(世界遺産)
帝政ローマ時代の歴代皇帝達は権力の象徴としてフォロ造りに励んでいました。当時フォロ・ロマーノは政治・商業と市民の生活の中心だった場所で、大小様々な遺跡が残っています。
画像


ここも空港並みのセキュリティ・チェックを行ってから入場しました。

ティトゥス帝の凱旋門
ティトゥス・フラウィウス・ウェスパシアヌス帝が、ユダヤ戦争に勝利したことを記念し西暦81年に建てられた、ローマに現存する最古の凱旋門。
画像


ここを通過すると、こんな風景↓
画像


これから右側の物を見て行きます。

右奥に”マクセンティウス帝のバジリカ”がありますが、これは最後に見るので後で記載します。

これは、中世に建てられた物。何だか分かりません。↓
画像


ロムルスの神殿
マクセンティウス帝が亡くなった息子ロムルスに捧げるために建てた、と言われる神殿です。
画像


CARCER
良く分からないのですが。
画像

画像


アントニヌス・ピウス帝とファウスティーナの神殿
五賢帝の一人であるアントニヌス帝が、妻ファウスティーナに捧げるため141年に建設した神殿です。正面の階段と円柱が神殿跡。背後にある教会は中世に建てられたものです。
画像

画像
                              (別アングル)

エミリアのバジリカ
紀元前179年、エミリア一族によって建てられた裁判や商取引など、多目的に利用されていた会堂です。
画像


カエサルの神殿
カエサルの神殿は紀元前44年カエサルが亡くなった際に、アントニウスが追悼の演説を行った場所に紀元前29年にアウグストゥスによって建設されたそうです。
画像


中に入れたので、奥に行ってみました。
奥はこの様になっていました↓
画像


ここでフリー・タイム。右奥に行ってみます。

元老院(クーリア)
政治の中心地であった。
現在の建物は20世紀に復元したもの。
画像


セプティミウス・セウェルス帝の凱旋門
セプティミウス・セウェルス帝とその息子カラカラとゲタが、二度に渡って勝利したパルティア戦争を記念し建てられました。
白い大理石製で、高さは21m。
画像


ここが一番奥の所↓
サトゥルヌスの神殿、フォカス帝の記念柱、タブラリウム
画像

左の柱が沢山あるもの:サトゥルヌスの神殿。
    農耕の神サトゥルヌスに捧げるため、紀元前501年に建てられ何度か再建された神殿です。
    神殿の入口部分だった8本の円柱だけが残っている。
中央の柱:フォカス帝の記念柱。
    東ローマ帝国の皇帝フォカスが、教皇にパンテオンを献上したことを記念し建てられました
奥の建物:タブラリウム
    ローマの市庁舎の下半分が古代のタブラリウム(公文書館)。紀元前78年に建てられた。

画像
                               (別アングル)

奥から、左側の物を戻りながら撮影していきます。
以下2枚は調べましたが、何だか分かりませんでした。
画像

画像



ヴェスタの神殿、ヴェスタの巫女の家、カストルとポルックスの神殿
画像

左:ヴェスタの神殿
  炉とかまどの神ヴェスタに捧げるために建てられた、元は円形の神殿です。
  神殿内では「聖なる火」が灯され、純潔を保った巫女たちが守っていました。
中:ヴェスタの巫女の家
  聖なる火を守っていた巫女たちは、この大きな住居で生活していました
右:カストルとポルックスの神殿
  紀元前495年、レギッルス湖畔の戦いで共和政ローマ軍は勝利します。
  伝説によると双子神のカストルとポルックスがこの戦いに勝利をもたらしたとされ、
  彼らに捧げるため建てられた神殿です。  

画像
                              (別アングル)
                      ”ヴェスタの神殿”と”ヴェスタの巫女の家”

ツアー集合場所に戻る。
入口の方に戻って
マクセンティウス帝のバジリカ
マクセンティウス帝が建設を始め、コンスタンティヌス帝の時代に完成しました。
壁の一部しか残っていませんが、当時は巨大な会堂で裁判や会議などに利用されていました。
画像

画像



ガイドさんが持っていたもの。昔はこんな風景だそうです。↓
画像
                         奥にコロッセオが見えます
                私たちはコロッセオのある方向から入場して、元に戻りました

フォオ・ロマーノの観光はこれで終り。


フォオ・ロマーノを出て少し歩くと、こんな出入口の前を通過した↓
パラティーノの丘
古代ローマの高級住宅街。帝政期は皇帝たちが宮殿を建造した。
画像



ツアーバスに乗って、次の目的地へ行く。

その4に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ひゃぁ〜ってなりました
どうやって、こんな建物が建てられたんだろう 
クレーンもないし。。。
知恵もあり、頭脳明晰な人がいたんでしょうね

遺跡。。。見事です
感動しますね

こちらでは22日から公開予定の作品なんですが。。。
劇場で予告を見て気になっています
「人類遺産」という作品です
http://jinruiisan.espace-sarou.com/
とまる
2017/04/03 01:51
とまるさんへ
この場所の遺跡は見ごたえがあります。紀元前にこんな建物を建てたのは凄いです。高度な文明が発達していたんでしょうね。

「人類遺産」はホモ・サピエンスが消滅するんですね。私も興味を持ちました。
masa-taka
2017/04/03 08:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタリア旅行 6日目その3 フォオ・ロマーノなど(@ローマ)  たまには更新するか  masa-taka/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる